最近、企業社会化ネットワークがブームになって、Yammerをマイクロソフトに販売したのが誤ったやり方ですか?Yammerの創始者がCEOをかねるDavid Sacksはそれを否定しました。

   SacksはTechCrunch Disrupt SF 2012の相談会でその考え方を言い表したのです。会社を販売するのがいつも難しい選択で、この交易が有意義で、それは自分の望みになろうと思っているとSacksは言いました。

    マイクロソフトは初めのYammerを買う意欲を表す会社ではないですが、マイクロソフトに販売したのがもっと有意義になって、マイクロソフトがもっと多くの製品と資産を持って、企業社会化ネットワークとお互いに補足できるからだということです。

   SacksはTwitterと合併する可能性が存在したことがあることを否定しました。自分もTwitterのフアンにもかかわらず、合併の意欲がなく、PC業に携わる人が投資できるとSacksは思いました。

   どの買い主を選択するかと考える豊かな時間はない、一般的に買い主が積極的に自分と付き合うとSacksは言いました。

   本週の火曜日、Salesforceの CEO Marc BenioffはYammerとマイクロソフトの交易に反対を言い表しました。それに対して、Sacksは、Benioffの心配していることが理解できますが、もっと大切なのは、Yammerとマイクロソフトの製品の合成に彼が心配するということで、例えば、YammerはSkype、SharePointと合成すれば、巨大な威力を生ずるかもしれないと言いました。

    交易後、自分がマイクロソフトでの位置にとっては、Sacksは触れなく、そこで長い時間働くと承諾したということです。

    当時AOLはTechCrunchを買い上げる時、自分もそういうような承諾をしましたが、結果一年後首にされたと会議の司会者ArringtonTechCrunchの創始者はすぐ自分を例として反対しました。それを聞いたとたん、人々が笑いの声が上げました。