Zynga 2億ドルでゲームDraw SomethingのディベロッパーOMGPOPを買収、OMGPOPの価値8億ドルに到達する

       前に、Zyngaが超人気ゲームDraw SomthingのディベロッパーOMGPOPを買収するとの報道があったが、どうやら、その噂は本当らしい。今日、Zyngaの公式ブログでOMGPOP会社の買収が正式に発表された。

       最近、OMGPOP会社の下のDraw Somethingゲームが大人気で、そのダウンロードの数は既に3000万回を超えていて、ユーザーは世界84カ国に広がっていた。先週日曜日の夜8時から9時までの一時間の間に、Draw Somthingのオンライン人数は450万に到達していると言う。

       Zyngaの話によると、1.8億ドルから2.1億ドルの間の価格で買収した(1.8億ドルの現金に3000万ドルが将来財務に基づいて表現する追加対価項目を加える)と言う。今回の買収価格の合理性について、モバイル分析会社FlurryのCEO Simon Khalaf が言うには、 OMGPOPは“売るのが早すぎた”と表示し、今後のOMGPOPの価格は8億ドルぐらいに到達すると言う。

       以下はDraw Somthing会社の一部のデータである:

                      オンライン時間6週

                      79カ国の応用ランキングで一位

                      ダウンロード量3500万回を超える

                      毎日活躍ユーザー1200万以上

                      毎日平均所得 25万ドル

        Draw Somthingの成長振りはもはやZynga会社の従来のどのゲームをも超えている。Draw Somthingのダウンロード量はわずか九日間で100万を上回っていて、AOLユーザーが百万に到達するまでは九年をかかり、Facebookは九カ月間をかかっていた。

 

モバイルが肝心だ:Zyngaはモバイルのユーザー5倍を増加して、毎日活発な使用者数は1500万を上回り


 Zyngaの第4四半期に財務報告は明らかに示して、モバイルのユーザーはその中で最も高速の業務の中の一つだ。会社の財務の電話会議の上で、CEO兼創始者「Marc Pincus」より、2011年、Zyngaのモバイルのユーザーは5倍増加した、毎日活発な使用者数は1500万を上回って、去年の12月にこの数字はまた1300万だけある、先月に比べて200万増加した、全体の四半期500万増加した。第3四半期、そのモバイルゲームのユーザーの毎日活発数量はただ990万だ。
 第4四半期、Zyngaは5個ゲームを出した、Mafia WarsとForestVilleに含まれた。会社のゲーム「Dream Zoo、Words with FriendsとZynga Poker」はこの四半期でiOSプラットフォームの前の10名を獲得した。

互いに密接な関係にある:ZyngaはFacebook に2011年の営業収入の12%を貢献した


      FacebookのS-1が発売してファイルを申請する中で、社交ゲーム会社「Zynga」は24回言及されて、明らかにZyngaはFacebookに対しての重要性を見た。
      2011年、Facebookの総括的な営業収入は37億ドルで、しかし、その中はZyngaに12%を貢献した、つまり、Facebookの営業収入はZyngaに対して高い依存がある。これらは具体的に、30%の仮定の貨幣の取引手数料とZyngaがFacebookから広告を買うことを含める。それ以外にZyngaの応用はまたFacebookに多く広告を展示できるページが形成された。

Zynga IPOニュース:10億ドルを融資、70億ドル見積

bloombergメッセージ:ZyngaはIPO規模:株10ドル、数1億、10億ドル融資。計算によって、総価値は70億ドルになるそうだ。

計算した総価値は7月に予想の価値(150~200億ドル)より低くなった。

Zyngaは2007年に設立し、現在、1300の社員を超え、ソーシャルゲーム開発に活躍していた。

融資歴史

2007 Reid Hoffman シード投資

2008 sequoiacap 1000万ドル 

2008 Kleiner Perkins 2900万ドル

2009 Andreessen Horowitz Kevin Rose 1.8億ドル

2010 ソフトバンク、Google 3億ドル

            合計 5.19億ドル