YahooはオンラインのビデオのチャットサービスOnTheAirチームを買収

 Yahooは10月に初めてモバイルサイドの個性化の推薦応用Stamped買収したことがあった、Yahooは今日に1つの5人だけあるチームOnTheAirを買収して、OnTheAirチームはAdam Cahanが指導するモバイルチームに加入する。

  OnTheAirチームは今年3月にやっと初めて製品を出して、1つGoogle+Hangoutsと競争して、同時に数人とオンラインのビデオのチャットを支持できるサービスだ。

FacebookはYahooを追い越して米国の第2大ビデオのウェブサイトになる

a href=”http://news.flatworld.jp/wp-content/uploads/2012/08/flow_eye.jpg”>     市場研究会社comScoreデータによると、7月FacebookはYahooを追い越して米国の第2大ビデオのウェブサイトになる。7月に、1.84億米国のインターネット利用者は369億段のネットのビデオを観覧したことがあって、ビデオの広告は96億回放送した。

     7月、YouTube の独立観衆 (unique viewers)が1.57億を達して、Facebookは5300万で、Yahooは4870万、Vevoは4480万、マイクロソフトは4270万だ。七月、369億段ぐらいのネットのビデオを放送して、その中でGoogle所属のウェブサイトは196億段占めて、AOLは6.65億段だ。Googleはユーザーの参与度で1番上等だ。<

変動の継続:Yahooが2000人を減員した後に、首席の製品官Blake Irvingが辞職した

   Yahooは昨日2000人を減員することを宣言した後に、今日事情を知っている人から、Yahoo首席の製品官Blake Irvingは既に辞表を手渡す上で、会社に受けられた。

   会社に対応する戦略の問題上で、Blake IrvingはCEOを担任しているScott Thompsonと異なった見方があった。それは強烈にとてもはっきりしてない計画に、このように大規模な人員削減を行なった。同時に彼はまた会社に最近発生した技師とYahoo研究院の人材に家出る対して心配を深く表した。

   新任のCEO「Scott Thompson」の指導下で、Yahooは更に軽便な道を歩くつもりなようだ。そのため、一連の動作があって研究院を廃止することを含んで、広告技術のプラットフォームと検索業務を販売するつもりだ、また、最近の人員削減を検索することと間もなく会社部門を再編することを計画している。

  現在、Yahooはこのニュースに対して評論を行うことを拒絶した。また、事情を知っている人から、Blake Irvingは既にほかの会社に採用した、彼はしばらく次の仕事の計画を越えない。

Facebookは間もなく発売して、Yahoo背後の1刀、10-20項の特許が侵犯されたことを告訴

   YahooとFacebookは今までいい協同関係であり、連盟と言えばいい。今日、Yahooは突然態度を変えて、Facebookは10-20項の特許が侵犯されたを告訴した。この“裏切る者”は細部をニューヨーク・タイムズに手渡して公然と発表する前に、一回だけFacebookを警告したことがあった。

  YahooとFacebookのは昔から仲間だった、Yahooはこの社交ネットの助けを借りてメールサービスの登録を推進しにきて、Flickrも利益を得るのが多い。11日の前に、FacebookはBloggerでYahooに祝賀を表して、社交図鑑の合意(Open Graph protocol)は既にYahooのニュースのアプリケーションに2500万ユーザーを獲得したことを指摘して、毎日200万増加している。

  YahooはFacebookが間もなく発売する時に、こんなことを起こった、これはFacebookに対して大打撃だった。FacebookはしかたなくYahooに特許権限を授ける要求を出すかもしれない、あるいはpre-IPO株式を支払うことを通じてYahooと和解する。Googleも2004年に特許の紛糾で仕方なくYahoo 270株式をあげた。

米Yahoo、PayPal元社長のScott Thompson氏を新CEOに任命した

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、PayPal元社長のScott Thompson氏を米Yahooの新CEO に任命したと発表した。昨年9月、元CEOのCarol Bartz氏を解任したから、CFO(最高財務責任者)のTim Morse氏が一時的にCEOを担当していた。

Bartzが退職したから、米Yahooの状況ははっきりとはいえない。アメリカでアクセス数がだんだん減っていて、GoogleとFacebookにも敵わない。

新CEOを任命したのは不満を抱いている株主を少し慰めた。明確な方向が足りないから、何に注目するのを分からない。あるいは新CEOが役に立つかもしれない。