32GB版Windows RTフラットパネルの空きメモリー空間が半分だけ


    マイクロソフトは最新発表したSurfaceフラットパネルが、Windows RT システムを搭載した、32GBと64GBの2つのバージョンがある。この会社はSurfaceの政府ページで2つのバージョンのユーザーの実際に使える空間を漏らした。

    その中で、32GBバージョンは、ユーザーが実際に使う空間が16GBだ、64GBバージョンは使う空間が46GBだ。その他の空間はすべてWindowsシステムに占用されたか?実はそうではありません。別の空間はWindows に回復のツール、Windows RT、Office応用とその他はプログラムを内蔵して占用した。

Lenovo北米高官:Windows RTフラットパネルが300ドルから売る見込み


    今日、北米の業務の責任者David Schmoockによると、Intelチップを搭載したWindows 8 フラットパネルの売価は600から700までドルで、ARMチップを搭載したWindows RT フラットパネルは 200から 300までドル安くなる。つまり、Windows RT フラットパネルの売価が恐らく300ドルだかもしれない。競争力の価格はRTにとってフラットパネル市場を占領するのは極めて重要だ。

    確かに、売価300ドルの10寸のWindows RTフラットパネルはアップルの499ドルのNew iPadに大きい衝撃だった。でも、Android陣営の中に7寸のフラットパネルNexus7 199ドルのレベルに達したいならば、Windows RTはたぶん無理だ、この前の話から、Windows RT のOEMメーカーはマイクロソフトに一台ごとに85ドルの授権費を支給しなければならない。