GoogleはAndroid応用が既に70万を突破したと語って、iOSに超える

      Googleが昨日新製品を発表して、同時に更に喜んだのがみんなに1つの数字を公表した:Android市場の応用は現在すでに70万モデルを突破した。競争相手アップルは先月にもiOSの応用数が70万を突破したことを宣言して、そして、iPad Miniの発表会の上でこの数字を強調した。つまり、AndroidがiOSを追ったのはこんなに長くて、少なくとも数量を使用するのが追いついたと言える。

      量は追いついた、質か?悪意のソフトウェアはAndroidが市場の1つの大きい問題だ。Google Playの中の1つのアンチウィルスの応用の統計によると、2012年に、Androidは市場の悪意のソフトウェアが同時期と比べて580%増加した。それ以外に、フラットパネルだけのために応用を設計するのは少なくAndroid市場の一大の肋軟骨だ、これは主にAndroidフラットパネルの市場の低迷のために、開発者が開発Androidフラットパネルに対して興味を持ってない。要するに、Android市場とiOSは現在距離があって、でもGoogleは努力している。

      最後、マイクロソフトは昨日Windows Phoneプラットフォームの応用数が12万を突破したことを宣言して、道に追いつき追いこすのはまた長いだ。

Lumia610とLumia900のお蔭で、Windows Phoneは7月に、ヨーロッパの市場占有率が23.5%増加した

      Windows Phoneは世界市場で販売量がそんな楽観的ではありませんが、しかし、これが決してWP携帯電話が好きな消費者がないと言えない。WMPowerUserウェブサイトのデータによって、Windows Phoneは7月にヨーロッパの市場占有率の新高値を突破して、 同時期と比べて、24%に増加した。

     ヨーロッパ市場でWP携帯電話の市場占有率は小さいけれども、しかし、1.36%から1.68%まで増加して、とても大きい引き上げだ。この前、2月に北欧で販売したLumia 800は最速で、市場占有率は20%ぐらい増加した。今度は、主にLumia 610と Lumia 900の功労だ。

     Lumia 610は1中低価格の市場のスマートフォンだが、Lumia 900はハイエンドのユーザーの携帯電話だ。この二つの携帯電話は市場でユーザーの需要に迎合できる。WP携帯電話の市場占有率のために、一番大きい力を出した。

さらば、beta、Skype for Windows Phone 1.0正式に発表

             マイクロソフトは2月ごろに、SkypeのWindows Phone Betaバージョンを発表し、ユーザーは3G、4GとWiFiでSkypeユーザー名を使って画像や音声通話を行えることができる。

今日、Skype for Windows Phoneはついにbetaを名前から外し、1.0バージョンを正式に発表した。

betaバージョンに比べると、このバージョンは機能上での改善はあまりされていない。ただ、検索と新たな連絡先の機能を増やしている。だが、残念なことに、この正式バージョンもバックグランドでの運行は無理で、オープン状態でないと、Skype電話には出られない。Skype代弁者は発言をし、この制限は“SkypeとWindows Phone二つのシステムの工作方法の違いから来ている”と言った。

Skypeと Windows Phone 8の間には更なる統合が予想されていて、その日まで待てないというなら、この1.0正式バージョンというものを間に合せに使うがいい。

Windows Phoneの市場を使用するアプリケーション数量は8万を上回り


   アプリケーション数量はずっとWindows Phoneに悩んでいる最大の問題だった。大衆のアプリケーションに不足してこのシステムのユーザビリティを下げた。だが、幸運なのは、この市場の使用する数量はずっと増加していた、今日は既に8万を突破した。

   この市場は、現在に高速に増加している。去年の12月に、アプリケーション数量が5万を突破して、今年1月に6万を突破して、3月に7万を突破して、現在はまた1つの新しい一里塚を迎えて8万を突破した。毎日は大体300余りアプリケーションが新たに増加していた。

   WPアプリケーション数量は増長しつつ、WPシステムに基づく携帯電話ために強大な生態系の支持を提供して、最も直接な設備の利益を得る者はもちろんノキアだ。

Amazon Appstoreは金儲けがうまくてGoogle Playを遥かに超えて、あるいはiTunes App Storeを匹敵できる

   iOSとAndroidはモバイルプラットフォームの2の大きい巨頭で、これははっきり見える事実だ。現在の情況によって、その地位が揺り動かしにくい。だから、BlackBerry、Windows Phoneはすべてモバイルプラットフォームの第3大玉座に対して虎視眈々としている。だが、モバイル分析会社Flurryの最新の分析の表示から、Amazonは本当に注意しなければならない相手だ。

   Flurryの調査結果は2つの重要な成り行きを反映した。一、良い収益を得るために、Androidプラットフォームのアプリケーションを基づくの開発者にできるだけ早くアプリケーションをAmazon Appstoreに発表すべきだ、。二、実際にはAndroidプラットフォームに基づくのアプリケーションはお金を儲けることができる、その上、同じのアプリケーションはたぶんiOSアプリケーションと同じ多いお金を儲けるかもしれない。

   確かに、いくつかの開発者にとってAmazonに身を寄せるのは理想的な選択じゃない、Amazonがアプリケーションの定価の権力を掌握したことを考慮に入れた。しかし、定価の自由が放棄しも何にがあったか?アプリケーションは最終にもっと多いお金を儲けるさえすれば、開発者の目的は実現じゃないか?その上、Amazonはモバイルのアプリケーションの普及に全力をやっていた。

2012年ノキヤが3700万台Windows Phoneを売り出す

2012年ノキヤが可能3700万台よりWindows Phoneを売り出します。2013年に6400万台まで急激に増加します。

HTCのWindows Phone販売量予測によって、2012年WPの販売量は4300万台まで、2013年は7400万台になります。この数はただノキヤとHTCのことです。

Via ATD

Windows Phoneアップデート時間があらわになった:Tango来年第二四半期、Apollo来年第四四半期

WindowsPhoneRoadmap

WindowsPhoneRoadmap

Windows Phoneにとって、2012は普通ではない年になる。来年システム更新時間はネットであらわになった。それによると、Tangoは来年第二四半期に発表し、ApolloすなわちWindows Phone 8は来年第四四半期二発表する見込みだ。

相対的にいえば、Tangoは大衆ユーザーに向けているが、Apolloは高級ユーザーに向けている。

via VB

Windows Phoneの応用数量は14か月5万に突破し、速度増加は昔のAndroid市場を超える

All About Windows Phone発表したデータにより、Windows Phone Marketplaceに発表した応用総数はもう5万に突破し,14か月経って、AppleのtoreとAndroid市場上の応用数量と、まだ大きな差がある,でも、Windows Phoneプラットホームの発展スピードは無視してはいけない。

それと比べれば、iTunes App Storeの中で応用数量はこの数字を超えた時は、12か月をかかっり、Android市場は19か月をかかった。今、Windows Phoneの応用は毎日265個のスピードで増加しておる。だんだん多いの開発者はWindows Phoneプラットホームのため、応用を開発しておる。
全て5万個のアプリケーションの中で、質量などの問題によって、全部のアプリケーションがダンロードできるわけではない。少ない一部のアプリケーションももうマイクロソフトまた開発業者に撤下された。

マイクロソフト会社により、Windows Phone携帯はNFC機能を支持できる

マイクロソフト会社により、Windows Phone7.5プラットフォームはNFC機能を支持している。

マイクロソフト会社のイギリスのあるマネージャーより、NFC機能の起動はただ時間の問題で、起動したいと、たくさんの方法でできる。

噂によると、マイクロソフト会社はGoogle財布と競争するために、NFC財布を開発しているそうだ。そのNFC機能財布はBeamingと呼ぶそうだ。

 

MircrosoftはWindows PhoneとiPhoneのSkyDrive発行

MircrosoftのSkyDrive、クラウド ストレージ 無料25GBスペース提供。本日より、Windows PhoneとiPhoneの対応発行。

オンラインストレージ Windows Live SkyDrive は、マイクロソフトが提供する大容量の 無料クラウドサービスです。動画保存や、オンラインのフォトアルバムの作成が簡単に できます。