マイクロソフトの話:私達はすでに4000万組のWindows 8を販売した

   マイクロソフトは今日、現在まですでに4000万のWindows 8を販売でしたと宣言していた。Windows首席のマーケティングと財務官Tami Rellerはスイスで公表した。今度のWin 8は再びVistaのように失敗することはできなかった。この前で、Windows 8 の販売量は400万で、この数値はWindows 8は10月正式に販売した4日後で公表した。

   この前に、Windows 8系統のPC販売量は内部の予想よりはるかに低いだと思われる。しかし現在の数字見たところ、Windows 8はやはり少し望みがある。当年、Windows 7の2ヶ月後の販売量は6000万組だ。

Windows XPは500日後に更新に停止するが、現在、5億台ぐらいがこの系統のPC設備を付けている

   ZDNetとCamwood発表したデータによると、Windows XP系統はに正式に更新に停止するのはもうカウントダウン段階に入った、500日後で更新に停止して、でも、現在、系統的PC設備はまた5億だ。

   Windows XPの系統はいったん更新を停止したら、ユーザーはつぎとセキュリティホールの更新のかばんを受け取ることはできなくて、これはこの系統の設備をインストールすることにとって、巨大な安全なリスクに直面して、特に法人ユーザーだ。

   マイクロソフトはすでにWindows 8を発表した、Windows XP、Vistaおよび Widnows 7ユーザーはすべてアップグレードを更新できる。でも、5億のユーザーの中にどのくらいアップグレードがほしいか?まだ1つの未知数だ。しかし、法人ユーザーにとって、今考慮どしてもしなければならないのはWindows XPの更新を停止すると、どんな安全問題を持ってくる。

98元!マイクロソフトは140国で正式にWindows 8 Proアップグレード計画を出した

    Windows 8は私達にますます近くなった。今日、マイクロソフトは正式にWindows 8専門版のアップグレード計画を始めることを宣言していた:6月2日前に買ったWindows7コンピュータでさえすれば、登録してWindows 8にアップグレードを申請することができる。価格が14.99ドル(人民元の98元)で、この特恵は来年1月31日まで続けていく。

    Windows 8のアップグレード計画は140国と地区を覆って、その中は中国を含めて簡単な繁体字中国語を支持できる。Windows 8のアップグレード価格は98元だ、MacのMountain Lionのシステムの128元より少し安いそうだ。

マイクロソフトはWindows 8の開発を終わった、正式にOEMメーカーに分配する

        
        マイクロソフトWindowsの一部の責任者Steve Sinofskyは、Windows 8プロ ジェクトはすでに1つの重要な一里塚に到着した:もう正式にWindows 8システムはパソコ  ン原始設備メーカー(OEM)とメーカーのパートナに分配することを宣言していた。同時、彼 は、Windows8をプレインストールするシステムのパソコン新型番は10月26日に発売予定だ。

        また、マイクロソフトは、1600万パソコンがWindows 8の開発するテストを参与したことを宣言していた、その中で、大体700万アンペアは8週間前に発表したプレビュー版を組み立てた。

Acerは二つのWindows 8フラットパネルを発表:11.6インチのIconia W700と10.1のW510



     Acerは今日二つのWindows 8フラットパネルを発表した:11.6インチのIconia W700と10.1のW510だ。

Icoia W700は1920x 1080のハイビジョンのスクリーンを採択して、タッチコントロール、プッシュ・ボタン及びブラウズしてモデルと多機能の基席を備えた。W700機体の上に3つのUSB3.0差込口がある、電池の航行を続ける時間は8時間左右ぐらいだ。

     W510は10.1インチのIPSスクリーン、1つのリムーバブルのキーボードを採択した、同時に電源に拡大を提供して、電池の航行を続ける時間は18時間まで達することができる。

マイクロソフトは正式にWindows 8 Release Previewを発表


      マイクロソフトは正式にWindows 8 Release Preview(発行のプレビュー版)発表した、その上で、無料でダウンロードする政府住所を公表して、この版はWindows 8が正式に発表する前に、最後のひとつテスト版だ。

      この版は14種類の言語(中国語を含めた)を支持できる。以前に公表した開発者プレビュー版と消費者のプレビュー版と比較して、たくさん所を改善した。Hotmail、 SkyDrive, Messenger およびWindows Store の第三者の開発者の数百のアプリケーションの更新を含めた。
  
      専門家は予測して、Windows 8正式版は今年の秋で発表する見込みがある。

マイクロソフトの副総裁:マイクロソフトは80インチのWindows 8フラットパネルPCを出す

    接続コード(Wired)のイギリスによって、マイクロソフトの副総裁Frank Shawはそ取材を受ける時に、マイクロソフトのCEO鲍尔默の事務室は1つの80インチのWindows 8フラットパネルPCがあるって言った。マイクロソフトの一つのパートナーは未来にこの製品に出して、専門的に事務室が執務することになります。

    Frank Shawによると、この製品は今鲍尔默の主要なコンピュータの設備で、彼はこのフラットパネルに使って彼の電話を抜け出して、ノートを抜け出した。このフラットパネルはその事務室の壁の上で掲げている。

    Showは同時に、この80インチのWindows 8フラットパネルのスクリーンはシャープに生産しないと強調した。

インテルWindows 8フラットパネルは11月に販売するかもしれない

    CNET報道によると、インテルのチップを採用したWindows 8タブレットPCは今年11月に小売店に入る見込みがある。Windows 8は新OSだけではなくて、また4か5モデルの構築のプロセッサーを支持する:3モデルのARM、インテルとAMD構築。

    Windows 8の製品はフラットパネルPCだけではない、総計の設計の中で、50%は製品を混合するかもしれない、畳める製品だ。これらの設計は伝統の物理のキーボードのノートとタブレットPCの設計元素を統合する。

マイクロソフトはwindows 8でMedia Centerを提供しなくて、ユーザーはお金を払ってアップデートパッケージを買う必要がある


   マイクロソフトはもうユーザーにWindowsOSに対しての認識に変えることを準備しているようだ。新版システムに対していくつかの急進的な変化を始めた。Windows 8の開発チームは、Bloggerで新版のOSの中でもう娯楽にメディアセンター(Windows Media Center)を提供しないと宣言していた。もし、ユーザーは既にアプリケーションを慣れたら、今後、お金を払ってアップデートパッケージを買わなければなりません。

  マイクロソフトはそれぞれWindows 8 ProとWindows 8は2つのアップデートパッケージを用意して、ユーザーはWindows Media Center PackあるいはWindows 8 Pro Packををインストールした後、Windows 8 Proをアップグレードできる。

  アップデートパッケージの価格はWindows 8の小売版を発表する時に、一緒に発表するようだ。

Windows 8padはアップルiPadと競争するため、何の対策を出すか

Wimdows 8padの対策:

Windows 8操作システムバージョンの簡単化

Windows 8、Windows 8 ProとWindows RT、その三つのSKUバージョンしかない。不同点はCPUがARMか、interかということだ。interバージョンはWindows 8,Windows 8 Proおよび企業バージョンがある。

 

ARM CPUにたいして、Windows RTを出した

 

Windows RTはWindows Runtimeの代表。ARMのために設計された。

 

マイクロソフトは30あまりのpadを出して、商務領域の設計もある

 

その30あまりのpadの価格は300~1000米ドルだ。

 

Windows 8padはDolbyという音響システムを採用するが、別途有料が必要

 

Dolbyという音響システムを選択したが、マイクロソフトがWindows 8バージョンにMedia Centerを提供しないので、お金払ったら、使える。

 

 

NookはWindows 8padのなかの重要な部分

 

Barnes&Nobleに3億べードルを投資した。Windows 8padにNook Appを出すかもしれない。

 

Windows 8のアプリ商店は人気になる

 

Windows 8padの出しとともに、メール、カレンダーなど常用的なAppも出る。無料のWord、Excel、PowerPointなどOfficeセットもあるはず。