Googleに買収されたアップルメールのクライアントSparrow更新、iPhone 5とPassbook機能を支持

  iPhone 5が出すのはこんなに長くて、有名なメールのクライアントSparrowはついに4寸のスクリーンの支持を更新した。新版SparrowはiOS 6に最適化を行っただけではありません、同時にまたPassbook支持に参加して、メールの中で自動的にPassbookファイルを識別できる。

  更新した後、付属品を添加する時、Passbookファイルをクリックして、Sparrowメールのクライアントは直接にpkpassファイルフォーマット識別できる、ユーザーがPassbookファイルを送信と受信するのは便利だ。

  Sparrowの元CEO Dom Lecaは、現在応用の中でもっと多い機能を増加することを計画していないで、iPad版Saprrowを出すなどと言った。

GoogleはSparrowを買付、価格が2500ドルぐらいないそうだ

    Sparrowは今日Google買い付けに宣言した。全体チームはGoogleのGmail部門に参加して、Sparrowは開発を停止しても、しかし、ユーザーのために、サービスと支持を提供し続きます。

    更新:The Vergeのニュース・ソースによると、GoogleはSparrowを買い付ける価格は2500万ドルぐらいで、今度の買収はGoogleと競争の人がいません。

    前日、SparrowはiPad版を出すそうだ、たとえ出すとしても、使ったのはGoogle政府のブランドで、Sparrowブランドではないですよね。

iPhone版のメールのクライアント「Sparrow」は間もなく発表する予定だ


  最近、あるニュースによると、iPhone版「Sparrow」は三月中旬に発表するつもりだ。
  MacのSparrowはすっごく使いやすくて、この前、Dropboを統合した。だから、ずっと良いメールのクライアントを持ってないiPhoneユーザーにとって、iPhone版「Sparrow」を発表するのは大変楽しい事だ。関係がある人によると、SparrowはiPhoneの上で使ってとても適当だそうだ。
  SparrowチームはできるだけiPhone版が発表する前に控えめを維持しているが、しかし、いくつかの携帯電話のソフトウェアの細部が漏らした。iPhone版「Sparrow」は更に速いメールのエンジンを持っていて、急速にMac端につなぐことができる。同時に、iPhone版のインターフェースもその他のモバイルプラットフォームの上で移植しやすいことができて、iPadとAndroidを含めた。