BlackBerry 10使用をほかのメーカーに授権すると確認、それを受け入れる者はいるだろうか

ブルームバーグ通信によりますと、RIMは新生代オペレーティングシステム“BlackBerry 10”を使用する授権をほかの携帯メーカーに開放する準備を既に整っている。BlackBerry 10を搭載したRIM自家の携帯は来年の早い時期に発売される見通しで、今回ほかのメーカーへの授権も今後の復活戦のために盟友を探すのが目的であろう。
BlackBerry 10はRIM最後の切り札として今までずっと高く期待されていて、現在は最終テスト段階に入っている。BB 10の底フレームワークは二年前2億ドルで買収したQNXシステムに基づいたもので、そのシステムは自動車、原子力発電所や軍用無人機に幅広く応用されたことがある。QNXの普遍性を考慮して、ハードウェアメーカーが違う製品の中でBlackBerry 10システムを如何に利用するかを考えているとRIM CEO Heinsは言った。
この前に、サムスンがBB10を導入した携帯生産に興味を持っていると言う噂があったが、その後サムスンに否定された。だが、その情報はRIMの投資者を興奮させ、株価が13%にまで上っていた。
BB 10の授権開放は果たしてRIMを救えられるのか。今の状況から見るとさぞ難しいだろう。RIMが授権するとしてもそれを受け入れるメーカーが何個あるか。

RIMはPlayBook OS 2.0を発表した、社交プロパティーを強化する上で、一部分のAndroidアプリケーションを支持


 RIMによると、タブレットPCの操作システム「PlayBook OS 2.0」正式にを発表した。PlayBookユーザーが無料で更新してダウンロードできる。
 新システムはいくつかユーザーに期待した機能を添加しただけではなくて、その他のいくつかの新しい特性に加入した。
 BlackBerry PlayBook OS 2.0の中でメール、カレンダーと担当者などの機能が内蔵された。ユーザーはこれらの機能を通じて、迅速に自分のメール、スケジュールを管理することができて、そして自分のFacebook、Twitter、LinkedInなど社交ネットの中の担当者を調べることができる。
 新機能BlackBerry Bridge、ユーザーはRIM知能携帯電話でPlayBookをコントロートできる。PlayBookがディスプレイにつながった後で、この機能を利用してデモンストレーションを行ってテレビのリモコン機能を実現することができる。

関係者によると、AmazonはRIMを買収する提案を拒否

関係者によると、自分自身の問題を自分自身が解決したいから、RIMはAmazonとほかの潜在的な購買者の買収案を拒否した。

 今年の夏、投資銀行を雇ったRIMを買収することに評価したが、Amazonはまだ正式的な買収条件を提出しなかった。AmazonRIMとの非公式な買収相談で価格を相談したことがあったかなかったか分からない。

ウォール街でのある投資銀行の担任者は「彼ら(RIM)は買収したい会社と相談した。でも、RIMの業務は暴落したので、双方に満足する価格を達しにくい」と分析している。

 

via Reuters