新型ファイル同歩サービスCubbyは固有ファイルの構造を維持したままで同歩を行い、P2P無副本同歩も支持する

  四月七日の北京開放日で、国内創業会社Seafileは「分散ファイル同歩技術」を発売し、同歩サーバーの“ディセントラリゼーション”を実現した。ユーザーはある特定サーバーに頼ることもなく、すぐファイルの同歩と共有を実現できる。こんな新型ファイル同歩サーバーはDropboxを代表とした伝統サーバーに挑戦を挑むことになる。

最近、有名な遠隔道具サービスマーチャンダイザーのLogMeInも自分の新型ファイルサーバーCubbyを発売した。

伝統サーバーDropboxと違って、Cubbyのユーザーはファイルをある指定フォルダにコピーすることなく、固有ファイルの構造を維持することに基づいて、同歩しようとするファイルあるいはフォルダに対し、“Cloud-enable”設置を行うだけですむ。CubbyはSeafileみたいなP2P機能も提供し、クラウドストレージを占用することなく、二つの設備の間でファイルを同歩、共有させる。

見たところ、iCloudの機能に似た感じはするが、Cubbyに適用するプラットフォームはもっと幅広く、同時にMac、Windows、iOSとAndroidの設備も支持する。もちろん各プラットフォームに相応するクライアントを設置する必要がある。

現在、このサーバーはまだテスト段階においていて、デスクトップをダウンロードして試用するには申請が必要になり、AndroidバージョンiOSバージョンはもうアプリケーションの商店でダウンロードすることができる。

四台華麗車が盗まれた後、P2P豪華な自家用車のプロバイダーHiGearはRent2Buyに買い付けされた 

   

   HiGearはサンフランシスコでP2P豪華な自家用車のプロバイダーであり。先月、HiGearは悪運があって、所属の総価値40万ドルの4台の豪車は盗まれたので、HiGearが先月に仕方なく休業した。1ヶ月の後の今日、HiGearは一つのP2P自動車プロバイダーRent2Buyに買い付けされた。現在、具体的な条項はまだ分からない。
   
   Rent2Buyは自家用車サービスを提供する会社ですが、HiGearと違いのは、Rent2Buyの業務は自家用車の賃貸だけではなくて、自家用車を売り出すことを含まれた。

   Rent2Buyから、買い付けの完成に従って、HiGearの元の会員は今日から再度豪華な自家用車を使って賃借りるサービスすることができる。HiGearもとの会員のアカウントは自動的にRent2Buyのシステムの上で移転する。もちろん、会員は退出することができる。現在まで、HiGearの元の会員は100%近く持っている。

   豪車が盗まれた事件は二度起こらないためにため、Rent2Buyは価格3万ドル以上の自家用車のために新しい保護の措置が増加した。これらの車はRent2Buyの“VIPクラブ”に入る、自家用車を賃借りしたいと、新しい増加した信用安全の審査を受ける上で、1000ドルの保証金を支払わなければなりらい。