移動時代なMoore’s Law:携帯電話の変化

   

Moore’s Lawというのは集成電路(IC)の中でトランジスタ数量が毎24月を一倍( 1975年Moore24月を18月に変更した)を増える、性能も一倍になる、でも、価格は変わってない。
Moore’s Lawは信息技術進歩を明らかに示した、この法則も移動設備に適用できる。
1982年、モトローラは全世界で初めてのデザインDynaTAC 8000Xであり、3995元をかかって、重すぎて、内部メモリーが少ないし、ただ30個番号を受け入れる、一時間をかかると電が足りなくなるし、でも、今の知恵と才能をもつ携帯電話機能が強くなった、コンピューターのすべての機能を持った、価格もますます安くなった。
将来の知恵と才能をもつ携帯電話はきっと安くなる、機能も完備して強くなる、
楽しみしてください
科学技術は生活を変える、科学技術は生活を幸せになる。