ノキアMeegoシステムの中でAndroidアプリケーションを稼働するとJollaは言った

多くの人々から見ればMeeGoは優れたシステムではあるが、WebOSと同じ運命に遭ってしまった。しかし、七月ごろからノキアMeeGoチームの中心人物であるJussi Hurmolaはノキアに捨てられたこの優れたシステムを救えるためにJolla創業会社を創立した。
ところが、最近になってJolla CEO Jussi Hurmolaは、真新しい応用エコシステムを創建するつもりはなく、ACL技術を使ってMeeGo携帯の中でAndroidアプリケーションを稼働し、延いてはHTML5とQt(ノキア本来のソフト開発フレームワークの一つ)プログラムの稼働も可能になると言う。
当然ながら、Jollaのやり方にも理由はあった。OpenMobileのACL技術は一年前に既にMeeGoを支持していて、これも結構いい方向かも知れない。Jollaは今年の年末に新しいMeeGo設備を発売し、d. phoneと協力して中国で販売する予定である。