アップルの新MacBook ProはNvidia図形のプロセッサーを採択する

       ニュースの続けで、アップルが今年の夏に15寸のMacBook Proを出すそうだ:超薄設計、Retinaスクリーンと超高速USBを持つ。 もっと  良い支持Retinaスクリーンを支持できるために、今日アップルの新MacBook ProがAMDのGPUを放棄して、代りにNvidia図形のプロセッサーを採択する  予定だ。

       新MacBook Proはインテルの最新のIvy Bridgeプロセッサーを採択する。現在、アップルはどのNvidia図形のプロセッサーを採択することを分からないが、しかし、アップルはGeForce GT 650Mを採択するそうだ,その性能とGeForce GT 640Mはとても似ている。

次世代Macbook Proも液体金属採用?

                                                                                                                                                             

前にappleの次世代iphoneが液体金属一体ボディを採用しLTEを支持するとの報道があった。ところがslashgearからの最新報道によると、appleの新しいMacBook Proも液体金属を採用する。

“液体金属”というのはチタン、ジルコニウム、ニッケル、銅及びほかの金属で作られた非結晶体合金で、高強度、耐摩耗及び高強度/重量比の特徴を持っている。インテルは既にIvy Bridge CPUのことを正式に発表し、appleの次世代MacBook製品ラインもまもなく発表されかねない。今までのAppleのもっと薄く、もっと軽くの理念に倣うと、次世代MacBook Proが液体金属を採用する可能性は高い。

                                                 今のところ、この情報の真偽についてはまだ確認の仕様はないが、もし新しい機能と特徴がこの噂の通りになっているとしたら、ユーザーにとって期待の価値はある。最新版ipadの発表からも見られるが、多くの新しい機能と特徴が驚くことに前の噂にピッタリだ。

次世代「Macbook Pro」デマを取り纏める


 下記はMacBook Proのデマの総括だ。
 ①アップルはMacBook Proシリーズに対して“全面的な改造”を行って、更にMacBook Airみたいだ。
 ②アップルは主に15寸のMacbook Proにおして、スクリーンの解像度は多分2880×1800なことがある。
 ③新MacBook ProはIntelはIvy Bridge CPUを採用する。
 ④Macbook Airのようにで、今の吸い込みの光学ドライブを取り除くかもしれない。
 ⑤固体状態のハードディスクを採用する可能性が高い、起動のスタートの時間を下げるように、同時に電池の寿命を高める