Mac家族Retina化:MacBook AirとiMacがRetinaスクリーンを採用すると言う

アップルが今年の夏に15寸RetinaスクリーンのMacBook Proを出すと言う話があってからの最新情報によりますと、アップル全Mac家族がRetinaスクリーンを採用する見通しであり、中には11寸と13寸のMacBook Air及びiMacが含まれている。もしこの情報が事実であれば、アップルのiPadからMacBookに、またiMac全家族のRetina化にまで、全スクリーン業種に巨大な影響を齎すかも知れない。

11寸(左)と13寸(右)RetinaスクリーンMacBook Air

Retinaスクリーンを除いて、新しいMacBook Airに大した変更は見られず、サイズ模型も同じく11.6寸と13.3寸であった。Retinaスクリーンをより良く支持するため、すべての製品はCPUとグラフィックカードの方面でレベルアップすることになる。MacBook Proの場合、AMDのGPUの代わりにNvidiaグラフィックCPUを採用することになる。しかし、大規模な技術採用にはある程度の困難があり、RetinaスクリーンバージョンのMacBook AirとiMacの発表時間は少し遅くなるかも知れない。今年のWWDC会議に現すことはなかろう。

この前の情報によると、新しいMacBook ProはIntelの最新Ivy Bridge CPUを採用することになる。グラフィックカードの方はNvidiaのGeForce GT 650MグラフィックCPUを採用する見通しであり、それは“Kepler”構造に基づいた28ナノメートルのチップで、そのエネルギー効率の性能はGeForce GT 640Mに似ている。

アップルの2012年の開発者大会(WWDC)が6月11日に開かれるが、その時すべての回答が得られる。

第二代ウルトラブックに対抗、アップル 799ドルのMacBook Airを出す見通しである

アップルの上流サプライチェーンの情報によると、まもなく発売される第二代ウルトラブックに対抗するため、アップルは今年の第3四半期に799ドルのMacBook Airを発売する見通しである。

現在、Acerは既にウルトラブックの出荷目標を引き下げてはいるが、Interは未だにウルトラブックを積極的に宣伝していて、今年の下半期にはウルトラブックの値段を699ドルまで値下げする見通しである。ところが、もしその時、Interがウルトラブックの販売価格をこのレベルまで値下げできなくなったら、ウルトラブックの値段と799ドルのMacBook Airの間に存在する価格の差で更にウルトラブックの標準化推移が出される可能性がある。

 この前、Interは3億ドルを持ち出してウルトラブック基金を成立した。Interは製品宣伝への強力な投資によって、ウルトラブックメーカーたちの士気が揚がり、更にノートーパソコン市場でのウルトラブックの市場シェアをあげられることを信じていた。しかし、内幕に詳しい人物の話によると、Windows 8が発表するまでに、ウルトラブックがいい業績を出すのはかなり難しい。

現在、11インチ64GBのMacBook Airの販売価格は999ドルで、11インチ128GBバージョンの販売価格は1199ドルである。13インチ128GBバージョンの販売価格は1299ドルで、13インチ256GBバージョンの販売価格は1599ドルである。内幕に詳しい人物の話によると、もしアップルが本当に799ドルのMacBook Airを出すことになれば、アップルのこの領域での優位が保ち続けられる。

Appleは14インチMacBook Airの投入を検討中、中国市場に進出

Appleのサプライチェーンからの情報によると、Appleは今アジア市場向けのMacBook Air (14-inch)モデルの量産を検討中で、このモデルのノートPCは近い将来アジア市場に進出するのようだ。

欧米では15インチモデルが好まれるが、アジア市場では14インチノートPCが主流ということもあり、14インチノートPCの世界シェアは20~25%だ が、アジアでは35~40%というシェアを持っていて、このデータからみると、アジアの ユーザーは14インチのノートブックを好む傾向があると裏付ける。
アナリストが述べた。Appleは今後、主要ターゲットを現在の北米やヨーロッパからアジアへ転換しようとする。特に巨大市場の中国に注目していて、Appleは中国市場での発展の大きな可能性を秘めている。14インチMacBook Airの投入を検討しているということはAppleは中国市場を見据えて考慮していると考えられる。

アップルは14インチのMacBook Airをリリース、アジア市場に進出

 アップルのニュースにより、14インチのMacBook Airをリリースすることを考えている。程なく、大規模生産され、主にアジアPC市場に進出する見込みがある。
 目下、14インチのパソコンはアジアパソコン市場の主流規格であり、西方国家が15インチのほうが好き傾向がある。世界市場に見ると、14インチのパソコンは市場シェアの20%~25%に占めていて、単にアジア市場に見ると、35%~40%を占めている。それで、アジアは14インチのパソコンのほうが気に入る傾向がある。