comScore:サムスンは米国の最大のモバイル設備の生産会社で、アップルはLGを超えて第2位になる

    市場分析会社comScoreの報告によると、10月、米国のモバイル設備の市場は回新しい変化が現れた。サムスンは引き続き第1位で、第2位はLGをアップルに替えた。

上表によると、サムスンはしっかり自分の地位を守るだけではなくて、7月に比べて、10月の市場占有率は0.7パーセントを増加した、アップルは更に1.5パーセントを増加して、LGの第2位置を奪った。後3位LG、Motorola、HTCの市場占有率は下がった。

LGとマイクロソフトはAndroid関連特許で契約にサインした

 マイクロソフトに提訴しないため、LGはマイクロソフトと特許ライセンス契約を結んだ。Android及びChrome OSを採用するタブレット及びサマーとフォンについてを含んでいる。詳細は公表されていない。マイクロソフトの知的財産部副会長Horacio Gutierrez氏は、Twitterを通して、「マイクロソフトと特許ライセンス契約を結びことは知的財産について意見が違うのを防ぐ有効的な方法である」と示した。

今まで、11AndroidとChrome OS端末製造会社と関連特許で契約を結んだ。マイクロソフトが特許使用料を受け取る。これで、アメリカでAndroidの7割をカバーした。

今B&N、モトローラはマイクロソフトと特許で訴訟をしている。

 

via ZDNET