Lenovo北米高官:Windows RTフラットパネルが300ドルから売る見込み


    今日、北米の業務の責任者David Schmoockによると、Intelチップを搭載したWindows 8 フラットパネルの売価は600から700までドルで、ARMチップを搭載したWindows RT フラットパネルは 200から 300までドル安くなる。つまり、Windows RT フラットパネルの売価が恐らく300ドルだかもしれない。競争力の価格はRTにとってフラットパネル市場を占領するのは極めて重要だ。

    確かに、売価300ドルの10寸のWindows RTフラットパネルはアップルの499ドルのNew iPadに大きい衝撃だった。でも、Android陣営の中に7寸のフラットパネルNexus7 199ドルのレベルに達したいならば、Windows RTはたぶん無理だ、この前の話から、Windows RT のOEMメーカーはマイクロソフトに一台ごとに85ドルの授権費を支給しなければならない。

Lenovoは最初にWindows 8タブレットPCを出すかもしれない


    Windows 8はもうすぐ正式に発表すると共に、各設備メーカーはWindows 8フラットパネルの競技を始めた。あるニュースによると、Lenovoは最初にWindows 8タブレットPCを発表するメーカーになるかもしれない。
   
    Lenovoは現在準備中だそうだ、Windows 8は今年10月に正式に発表する時、自分のWindows 8タブレットPCを出すかもしれない。Intelチップを採択する以外、もっと多い細部を漏らしていない。

    事実上、たくさんのメーカーはマクロ、デルなどがWindows 8タブレットPCを発表するつもりだ。
       

世界のパソコンの出荷数量は1 . 4 %を下げた、逆にlenovoは23 %を増えた


米国のpc出荷数量は50.9%を下げたが、アップルは衰退の跡が見えない、出荷量などが大幅に20.7%を増えた、米国の第3位のパソコンメーカーになった。アップルの11.6%の市場割前比べると,hpとdellがそれぞれ23.1%へと22.4%だった、また米国最大のpcメーカー市場として躍進した。アップルは五位の中で唯一増えているパソコンメーカーだった。米国でアップルを超えたのが中国lanovoしかない、40 %を増えた、だが、そのpc販売台数は米国の前五位に入ってない。