アップルiPadはフラットパネルの市場占有率で68%まで上昇したが、AmazonのKindle Fireは4%まで下がった


   市場研究会社IDCは今日発表した報告によると、アップルiPadは2012年に第一四半期に商品量が20%下がったけれども、iPadタブレットPCの市場占有率が前の四半期の54.7%から68%まで上昇した。

   今年第一四半期に、iPadの商品量が1180万台だが、前の四半期に商品量が1540万台になった。Kindle Fireは前の四半期の480万台から第一四半期の75万台に下がって、現在、タブレットPCの市場占有率の4%しかない。Kindle Fireの下落に従って、サムスンは既にAmazonに取って代わって第二位になった。
   
   iPadの市場占有率の上昇はAndroidタブレットPCの商品量の大幅の下落のおかげで、主にAmazonのKindle Fireだ。全体のタブレットPCの年成長率は120%まで達した、でも、第一四半期に38%を下がった。新iPadの発表が多くの人に傍観されてアップルiPadを商品量前の四半期より下落したが、全体のタブレットPCの市場で、iPadは依然として主導地位に果たしている。

非公式の“pre-alpha”バージョンのAndroid 4.0はKindle Fireで運行成功

xda-developersはKindle Fireに“pre-alpha”バージョンのAndroid 4.0を作成した。運行については音声とビデオなどの問題がある。販売価格は199米ドル、最新のAndroidバージョンを運行できる。この非公式のバージョンの改善を期待している。

Kindle FireはGoogleのAndroid Marketを遮断しない

Kindle-Fire-Android-Market

Kindle-Fire-Android-Market

 

 アマゾンが最近リリースし、GoogleのAndroidシステムに基づくタブレットPCKindle Fire」はAndroid Marketを含むGoogle関連サービスを遮断している。アプリをインストールしたいなら、アマゾンのアプリショップしかからダウンロードしない。

 今日のGigaOMによると、アマゾンはその状況を変わっていた。最新版のKindle Fireソフトをアップデータした後、ブラウザでGoogleのAndroid Marketにアクセスできる。しかし、アマゾンがGoogleのサービスを徹底的に遮断したから、Android Marketでアプリをインストールできない。