Twitterが17-20ドルのIPOの発行価格を発表

ロイター通信によると、Twitterの木曜日は目論見書の改訂版を発表し、同社は16億ドル融資増、一株当たり17-20ドルで7,000万株、IPO(新規株式公開)の価格帯を発行する予定です。

これに基づき、一部のアナリストは150億ドル、予想よりも低い1090億ドルのIPOの評価のTwitterの最大の。

目論見書には、引受場合オーバーアロットメント·オプションは、16億ドルまでの融資ツイッター、に従って計算1,050株予約権発行価格帯の天井を行使した。

ツイッターは公式の取引のためにリストされている11月7日には早くも、11月6日のIPO価格に発表されると予想される。

Facebook初期投資家兼理事Peter Thielがほとんどの株を全部投げ売りする

フォーブスの報道によると、Peter Thiel(伝説の投資家、PayPal創始者)が先週の木曜日に所持していたほとんどのFacebook株を全部投げ売りしたことがアメリカ証券取引委員会によって披露されたと言う。

今回の投げ売りを先週の木曜日にしたのはFacebook初期従業員と投資家が所持している2.71億の売却制限条件付き株がその時点で解禁するからであった。ThielはFacebook初期投資家で、04年頃にFacebookに40万ドルを投資したことがあり、今年IPOの時に既に6.38億ドルにキャッシングした。今回の投げ売りで彼は大体一株20ドルの価格で2230万に近い株を売り、4.46億ドルにキャッシングした。8年間、40万ドルが11億ドルになったわけだ。

初期投資家の引き続き脱退によってFacebookは今後の株式市場でもっと厳しくなるかも知れない。IPO以来、Facebookの株価はずっと理想的ではなくて、現在はたった20ドルぐらいで、最初の38ドルに比べると真っ二つに切るに等しい。

ピクチャーがFacebookのIPOの意味を教えてやる

Zuckerbergがナスダック開場のボタンを押したことで、Facebookは正式にナスダックに登録し、千億ドルレベルの上場会社となった。一株当たり38ドルの上場価格で、その融資は160億ドルに達する見込みである。FacebookのIPOが一体何であるのかは歴史上のほかの会社IPO時のデーターと比べて見れば分かるようになる。年代が違い、あまり比べものにはならないかも知れないけど、結構大きな参考価値がある。

GoogleとマイクロソフトIPOとの対比

Facebookの二次市場での状況

ほかの科学技術会社と比べたFacebookの価格表現

過去4年間、二次市場の取引額が大幅に上昇

Zynga IPOニュース:10億ドルを融資、70億ドル見積

bloombergメッセージ:ZyngaはIPO規模:株10ドル、数1億、10億ドル融資。計算によって、総価値は70億ドルになるそうだ。

計算した総価値は7月に予想の価値(150~200億ドル)より低くなった。

Zyngaは2007年に設立し、現在、1300の社員を超え、ソーシャルゲーム開発に活躍していた。

融資歴史

2007 Reid Hoffman シード投資

2008 sequoiacap 1000万ドル 

2008 Kleiner Perkins 2900万ドル

2009 Andreessen Horowitz Kevin Rose 1.8億ドル

2010 ソフトバンク、Google 3億ドル

            合計 5.19億ドル