FireFox退勢現れ出た、Windows 8はIE10とChromeの天下になる可能性大

昨日、マクロソフトはブログ記事を発表した。主にWindows 7でIE9を利用することの性能を相談した。普及させた後、合計データによれば見込みのように成功した。

 

今年の年末、IE9はWindows 7での市場シェアの25.6%を占めると見通す。Windows 7のプラットフォームで市場シェア1位になったIE8を追いつく見込みがある。アメリカで、市場シェアがもっと高くなって、30%以上を占める。

 

FireFoxは世界2位のWindows 7(1位はWindows XP)でよく表現しない。IE9とChromeがよく表現している時、ブラウザ市場でFireFoxのシェアが下がり続く。

そう成り行きによって、将来Windows 8はIE10とChromeの天下になる。

Via TNW