HTCはアップルとの特許紛糾が終わった後に、ほっとした!


   HTCとアップルの特許紛糾は半分2年続けて、この2年半にHTCがほんとに苦労した。業内で普遍的な観点は、HTCはここ数年なぜ離れて、大きい原因はアップルとの特許紛糾のためと思っている。でも、喜んだのは、傲慢なアップルはついにプライドをかなぐり捨て、HTCと和解が成立した。今度の和解は、HTCにとって大きい意味があって、これからもっと安心して新しいスマートフォンを研究開発することを集中できる。本当にほっとした。

アップルはHTCとの特許紛糾を終えて、10年の許可合意を締結し


    アップルは、オフィシャルサイトで台湾携帯電話メーカーHTCとすべての特許訴訟は取り消して、同時に2社は10年の特許合意を締結して、既存と未来の全部の特許を含めたと声明していた。具体的な和解の条件はしばらく公表していない。

    HTC最高経営責任者の周永明からの話:“HTCはアップルと特許の紛争を解決して嬉しい、これは私達に革新を集中できる、訴訟ではない。”アップルTim Cookから:“私達はとてもうれしくHTCと和解が成立して、そして製品の革新の方面でピント合わせに引き続き維持していく。”

    アップルは2010年3月にHTCを起訴して、1年後にHTCがアップルに訴える、Macコンピュータ、iPhone、iPadなど権利侵害の製品を輸入することを阻止したい。和解を始める原因は2社は急いで一連で新しいWindows 8設備に受け答えるか?まだわからない。

ソニーPSがHTCに授権した、2012年Androidで経典PSゲームを温める見込み

 Pocket-lint発表したニュースにより、HTCはソニーPlayStationが初めて認証したモバイル設備メーカーになった。具体的なニュースは今月末のスペイン・バルセロナで開催される世界最大の携帯電話関連ビジネスイベント「Mobile World CongressMWC)」に発表する見込みだ。HTCのスマートフォンとタブレット上で、ソニーPlayStation認証したゲーム(クラッシュ・バンディクーシリーズなど)を行える。

コダック、特許侵害でアップルとHTCを提訴

破産危機に陥っているコダックは水曜日にアップルを相手として画像転送について4件の特許の訴状を提出したとともに、アメリカ国際貿易委員会に特許侵害でHTCを提訴した。

訴状はアップルのiPad 2、iPhone 3G、iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S及びiPod touch4を含んでいる。HTCにとって、訴えられているのは主にAndroidを搭載した携帯電話とタブレットPC::HTC EVO View 4G、Flyer、Jetstream、Vivid、Amaze 4G、Desire、Evo Design 4G、Hero S、Rezound、Rhyme、Sensation 4GとWildfire S。

コダックは破産競売することは事実に合っていたら、唯一生きる道は各特許を売却することだ。

 

via thenextweb

 

 

事事はけして思う通りで進めないのではない、サムソンは歓喜だ、一方HTCは懸念だ


     Androidは知能携帯市場でプラットフォームの領土の半ばを占めた。全てのAndroid設備のメーカーはけして思う通りで進めないのではない。
     最近、最大なAndroid設備のメーカーの販売データを発表した。喜ぶ人がいれば、悲しい人もいるね!サムソン利潤は新記録のレベルを達した、一方、HTCの利潤は降下した、なぜか?
     一、去年の四半期見ると、サムソンの売上高は45億ドルを達した、収入は12%を増えた、一方HTCの売上高は降下した。
     二、サムソンはたぶんbadaのお蔭で事業うまくいく、実は、badaは去年三半期ただ市場の割前と数量で両者増えた、市場割前は1.1%から2.2%となった、販売数量は二倍になった、250万台を達した。しかし、HTCは純粋に知能携帯の取り組みを取った。
     三、アップルとサムソンに比べて、HTCはまだ自分の優勢を身に付けない。
     四、サムソンとアップルは自分の知能携帯を一つのブランドになっていたが、HTCはSensation、Wildfire、Rhymeなどがある。製品の種類多は消費者に多くの選択をもたらす同時、困惑な気持ちもあるよ。
     HTCは現在Facebook携帯電話を研究しているようだ、これは新しい機械だ、情勢を転換できる可能性がある。