Google Playのダウンロード数量は既に150億を突破した

   
   GoogleのスポークスマンGina Weakley Johnsonによると、Google Playアプリケーションダウンロード数量は何週間の前に既に150億回を突破した。

   この前に、Googleは最後に自分のGoogle Playのアプリケーションのダウンロード数量が今年1月に公表して、その時、Android市場はまだGoogle Playと改名していない、Android市場は、その時のアプリケーションのダウンロード数量110億だった。アップルのアプリケーションのダウンロード数量は去年7月に150億達した。今年3月まで、ダウンロード数量は250億達して、毎日のダウンロード数量は4860万を達した。

Amazon Appstoreは金儲けがうまくてGoogle Playを遥かに超えて、あるいはiTunes App Storeを匹敵できる

   iOSとAndroidはモバイルプラットフォームの2の大きい巨頭で、これははっきり見える事実だ。現在の情況によって、その地位が揺り動かしにくい。だから、BlackBerry、Windows Phoneはすべてモバイルプラットフォームの第3大玉座に対して虎視眈々としている。だが、モバイル分析会社Flurryの最新の分析の表示から、Amazonは本当に注意しなければならない相手だ。

   Flurryの調査結果は2つの重要な成り行きを反映した。一、良い収益を得るために、Androidプラットフォームのアプリケーションを基づくの開発者にできるだけ早くアプリケーションをAmazon Appstoreに発表すべきだ、。二、実際にはAndroidプラットフォームに基づくのアプリケーションはお金を儲けることができる、その上、同じのアプリケーションはたぶんiOSアプリケーションと同じ多いお金を儲けるかもしれない。

   確かに、いくつかの開発者にとってAmazonに身を寄せるのは理想的な選択じゃない、Amazonがアプリケーションの定価の権力を掌握したことを考慮に入れた。しかし、定価の自由が放棄しも何にがあったか?アプリケーションは最終にもっと多いお金を儲けるさえすれば、開発者の目的は実現じゃないか?その上、Amazonはモバイルのアプリケーションの普及に全力をやっていた。