Amazon Appstoreは金儲けがうまくてGoogle Playを遥かに超えて、あるいはiTunes App Storeを匹敵できる

   iOSとAndroidはモバイルプラットフォームの2の大きい巨頭で、これははっきり見える事実だ。現在の情況によって、その地位が揺り動かしにくい。だから、BlackBerry、Windows Phoneはすべてモバイルプラットフォームの第3大玉座に対して虎視眈々としている。だが、モバイル分析会社Flurryの最新の分析の表示から、Amazonは本当に注意しなければならない相手だ。

   Flurryの調査結果は2つの重要な成り行きを反映した。一、良い収益を得るために、Androidプラットフォームのアプリケーションを基づくの開発者にできるだけ早くアプリケーションをAmazon Appstoreに発表すべきだ、。二、実際にはAndroidプラットフォームに基づくのアプリケーションはお金を儲けることができる、その上、同じのアプリケーションはたぶんiOSアプリケーションと同じ多いお金を儲けるかもしれない。

   確かに、いくつかの開発者にとってAmazonに身を寄せるのは理想的な選択じゃない、Amazonがアプリケーションの定価の権力を掌握したことを考慮に入れた。しかし、定価の自由が放棄しも何にがあったか?アプリケーションは最終にもっと多いお金を儲けるさえすれば、開発者の目的は実現じゃないか?その上、Amazonはモバイルのアプリケーションの普及に全力をやっていた。

Flurry調査:アプリとブラウザでどのぐらいかかるか?

 

 

ここ数年、モバイル分析機構Flurryは毎日人がアプリをする時間とブラウザをアクセスする時間を比べて研究する。去年6月に発表した調査結果によると、アプリで81分間、ブラウザで74分間。最近の調査結果によれば、201112月に、アプリでの時間は94分間に増やしていて、ブラウザで72分間に減っている。

上記の数によると、アプリでかかった時間が長いとはいえ、ブラウザで減った時間は少ない。「アプリPKブラウザ」と言うよりむしろ人の習慣を表現するんだ。

その他、調査報告でiTunes App StoreとAndroid、アプリダウンロード数は400億になったことを指した。

via TC