グーグルChromeブラウザの市場シェアは二年以来初めて滑った

Net Applications発表した最新データにより、グーグルChromeの市場シェアは去年の12月の19.11%から今年1月18.94%に滑った。これは二年以来にChromeブラウザの市場シェア初めて滑ったのだ。比較的に、IEブラウザの市場シェアは去年の12月の51.87%から今年1月の52.96%まで上った。
グーグルChromeブラウザの市場シェアはなぜ滑った状況が出たか、その原因はChromeはグーグル自分で設定した広告規定と関わっているかもしれない。グーグルは60日のChromeの検索ランキングを下がらないを得ない。
Chrome以外に他のブラウザの市場シェアも少し下がった。Firefoxの市場シェアは去年12月の21.83%から今年1月の20.88%に下がった。Safariも4.97%から、4.9%までに下がったのだ。

FireFox退勢現れ出た、Windows 8はIE10とChromeの天下になる可能性大

昨日、マクロソフトはブログ記事を発表した。主にWindows 7でIE9を利用することの性能を相談した。普及させた後、合計データによれば見込みのように成功した。

 

今年の年末、IE9はWindows 7での市場シェアの25.6%を占めると見通す。Windows 7のプラットフォームで市場シェア1位になったIE8を追いつく見込みがある。アメリカで、市場シェアがもっと高くなって、30%以上を占める。

 

FireFoxは世界2位のWindows 7(1位はWindows XP)でよく表現しない。IE9とChromeがよく表現している時、ブラウザ市場でFireFoxのシェアが下がり続く。

そう成り行きによって、将来Windows 8はIE10とChromeの天下になる。

Via TNW