Canonicalの創設者:統一マック、iPhoneとAppleの64ビットチップ

思考のここの食べ物:Canonicalの創設者マーク·シャトルワースは、AppleがMacとiPhoneをマージしようとしていることを考えています。
“アップルは、我々は、それがiPhoneとMacBook Airを収束することが非常に明確なシグナルと思われるものが送信されました、” Shuttleworth氏は、金曜日公開、英国ベースのPC Proとのインタビューで語った。
Ubuntuのオペレーティングシステムの作成者は、彼はAppleが64ビットA7プロセッサを発表したときに考えていたと考えているものに拡大:

人々がイエスと言っている、モバイル·プロセッサは、デスクトップと追い上げている。 AppleがiPhone5Sを発表したとき、それはプロセッサ”デスクトップクラス”と呼ばれ、私はそれが事故だったとは思わない – それは、我々はそれがiPhoneとMacBook Airを収束することが非常に明確なシグナルと思われるものが送信されました。
あなたはそのCPUとデスクトップデバイスを作ることを計画しない限り、CPUのデスクトップパフォーマンスの話も意味がありません。

 

上記は1コードベースに、デスクトップ、タブレット、そして携帯電話のオペレーティングシステムをマージするUbuntuでの現在のプッシュの文脈で言われた。

Shuttleworth氏は、Microsoftができるようになる前に収束したUbuntuのOSが、来年到着する予定で、 “携帯電話とPCでWindowsを収束する。”
OS Xは、Intelのx86チップ上で実行されている間、AppleのiOSが、そのシリーズチップ、ARMプロセッサ設計の風味上で実行されます。
iOSとOS Xの間にいくつかの共通点がありますが、オペレーティングシステムでは、両方の化粧品と機能的に、非常に分離したまま。
Appleは2をマージする計画を発表していない。

 

Appleは伝え’早い2014’で英国にiTunesのラジオを拡大

iTunes Radio

 

Appleは初期の2014年に英国とカナダへのiTunesのラジオサービスの拡大に取り組んでいる、ソースはブルームバーグに語った。
その場合、iOSの7で先月ローンチ音楽ディスカバリツールは、米国外のこれら二つの英語圏市場を追求し、業界リーダーパンドラを負かす事になります。ブルームバーグによると、iTunesのラジオはまたパンドラがすでに動作し、オーストラリアとニュージーランドを入力するように設定されつつある。

Appleはすぐにコメントのために要求に応答しませんでしたが、我々は戻って聞く場合、我々は、この記事を更新します。
Appleは曲への国際権のビベンディのユニバーサル·ミュージック·グループのようなレコードがレーベルとの契約に来ることができたので、先にAppleのジャンプの理由は、記事によると、です。
ユーザーが既に1100万リスナーは発足後最初の5日間でサービスを試して、Appleの新しい音楽の提供と興味をそそられています。 Appleはまた、それが正式にリリースされる前に、サービス上で当日のストリーミングにのみ入手可能ジャスティン·ティンバーレイクのニューアルバムを持っているような、いくつかの逸話的な勝利を獲得している。
パンドラは明らかにまだない前かがみではありません。また、72万人のアクティブリスナーを誇る – それらのリスナーもインターネットラジオリスニングの70%以上を占めています。先月は、しかし、同社は成長が鈍化したことを投資家に警告した。

 

グーグルはハンドジェスチャインタフェース会社フラッターを買収

flutter_610x348

フラッター、シンプルなメディアのためのハンドジェスチャインタフェースを作る会社は、Googleに買収されていると発表した。

3歳のスタートアップが使用するデバイスの組み込み、ユーザの手のジェスチャーを検出するためのWebカム、彼らは手の強打を持つアプリケーションのさまざまな音楽やビデオの再生を制御することができます。会社として説明アプリ、”Kinect for iOS X”、 Windowsオペレーティングシステムにも利用可能です。

買収は、同社は、アプリを更新し続けると述べたホームページノートでフラッターCEO Navneet Dalalさんによって発表された。

“今日、我々は我々はグーグルで研究を継続することを発表することに興奮している” Dalalさんは書いている。 “我々は、10倍の思考のためにGoogleの情熱を共有し、我々は我々の旅に彼らのロケット燃料を追加することに興奮している。”

Googleが最初のニュースを報告した次のWebへの買収を確認した。

“我々は本当に最先端の研究に基づいて、新しい技術を設計するフラッタチームの能力に感銘を受けている”とGoogleは声明で述べている。 “我々はサポートするとGoogleでそれらの研究活動に協力を楽しみにしています。”

契約の条件は明らかにされませんでした。 CNETは、追加情報がGoogleに連絡をしており、我々はより多くを学ぶときに、この報告書を更新します。

2012年6月に、サンフランシスコに本社を置く同社は、TechCrunchのによると、アンドリーセンホロヴィッツ、NEA、春·ベンチャーズ、およびスタート基金からシード資金140万ドルを調達した。

最新版iPhoneが9月21日金曜日に正式に発売される可能性がある

9月頃にappleの最新版iPhoneが発売される可能性がある。アメリカ最大運営社Verizonのある従業員の話によると、会社からの要求で全従業員は9月21日から9月30日まで全線作戦を行い、休暇も許されないと言う。つまり、9月21日からappleの最新版iPhone(iPhone5もしくはthe new iPhone)が各店内で販売されることになるかも知れない。

今、既に多くの人々がapple最新版iPhoneが9月12日に発売されると予測している。iPhone史上で前売りから正式に発売するまでの時間線を振り返って見ると、すべての期日が比較的適合していることに気が付く:去年、appleは10月4日火曜日にiPhone4Sを発売し、10月7日金曜日にiPhone4Sの前売りを始めた。そして一週間後の10月14日にiPhone 4Sは各店内で販売が始まった。

今年の最新版iPhoneの時間線も少々似ている:

  • 予定発表期日:9月12日、水曜日
  • 予定前売り期日:9月12日、水曜日(この日付は何日間延期される可能性がある。例えば金曜日)
  • 発行日:9月21日、金曜日

これからみんなでカウントダウンしよう。

次世代Macbook Proも液体金属採用?

                                                                                                                                                             

前にappleの次世代iphoneが液体金属一体ボディを採用しLTEを支持するとの報道があった。ところがslashgearからの最新報道によると、appleの新しいMacBook Proも液体金属を採用する。

“液体金属”というのはチタン、ジルコニウム、ニッケル、銅及びほかの金属で作られた非結晶体合金で、高強度、耐摩耗及び高強度/重量比の特徴を持っている。インテルは既にIvy Bridge CPUのことを正式に発表し、appleの次世代MacBook製品ラインもまもなく発表されかねない。今までのAppleのもっと薄く、もっと軽くの理念に倣うと、次世代MacBook Proが液体金属を採用する可能性は高い。

                                                 今のところ、この情報の真偽についてはまだ確認の仕様はないが、もし新しい機能と特徴がこの噂の通りになっているとしたら、ユーザーにとって期待の価値はある。最新版ipadの発表からも見られるが、多くの新しい機能と特徴が驚くことに前の噂にピッタリだ。

網膜スクリーン対戦いよいよ開始:Windows 8も準備完了

        Appleの最新版ipadの解像度は2048*1536に達している。つまり俗称の網膜スクリーンのことだ。今日、マイクロソフトの公式ブログが発表した文章にWindows 8のピクセル密度点について話していたけど、これでWindows 8タブレットパソコンも網膜の行列に加えることになる。

       文章の大体の意味はこうであった。マイクロソフトはディスプレー範囲と解像度に対して既に専門的分析を行なっており、標準、高画質及びquad-XGA(網膜ディスプレーグレード、解像度は2560*1440)など3種類ディスプレーに存在する“Goldilocks Zone”に気づいた。こうしたGoldilocks区域で、超高ディスプレーの問題でテキストとUI要素が潰れたり変形することはない。

        以下は3種類のピクセル密度点の最適位置(sweet spots)である

       第一の標準ディスプレーにおいて、アイコンとテキストの拡大縮小の状況が発生することはない;第二のディスプレーはアイコンとテキストを140%まで拡大し、第三のディスプレーはアイコンとテキストを180%まで拡大する。紛れもなく、このような拡大は問題を起こす。

       解決法案としてアイコンとテキスト等のRenderをディスプレーによって調整することも可能だが、今のハードウェアでこの法案を進めるにはまだ無理がある。例えば、伝統的なテキストのRenderとメモリーの方式などがその原因になる。現在、マイクロソフトもいろいろと努めていると言う。

       マイクロソフトのこの公式ブログは、これからWindows 8タブレット生産を計画しているメーカーたちの高度注目を引くことになるだろう。何しろ、新版iPadは既に最高のタブレット・ディスプレーを持っているし、次のiPad-Killerは少なくともディスプレーが足手まといになってはいけない。

Apple次世代iPhoneの新しい名前はThe New iPhone?

今年のApple発表会、一番意外なことは、新しいiPadの名前は初代製品のお名前のままで、「iPad」を使っていることである。iPad2と比べて、新しいiPadはRetinatディスプレーの採用や2048×1536ドットの高精細の画面解像度など、いろいろな面で一段と進化した。しかし、その名前は、結局私たち予想したiPad3やiPad HD、iPad2Sなどのどちらでもない。ということで、次世代iPhoneもiPadと同じ、新しい名前がなく、ただThe New iPhoneと呼ばれたじゃないかと多くの人が思っている。

もし本当にそういうことになったら、携帯電話事業者に1つの難題を出すことになるだろう。というのは、携帯電話事業者たちは違う名称やバージョンで価格をつけている。新バージョンはもし古いバージョン同じ名前だったら、消費者と事業者間のコミュニケーションの混乱が生じるだろう。携帯電話は名前が全部同じiPhoneだが、価格が全然違う。将来消費者の私たちはこういう状況に遭ってしまうだろう。新しい名前を使わないのはAppleのブランド統合管理には役に立つが、消費者と販売店には困惑をもたらすことになる。Appleはこの点についてどういうお考えだろうか?

Appleは発表間近のiPad 3の保証プログラムを変更。AppleCare+二年間保証99ドルで提供?

Appleの次世代「iPad」まもなく発表。AppleはそのiPad3の発売と共に99ドルの「AppleCare+ for iPad」の提供も開始するという情報が出てきた。

Appleの保証サービスは、昔は落下などで生じたガラス等の破損は保証対象外だった。しかし、昨年iPhone4Sを発表する際、Apple慣例を打ち破って、新しいiPhoneにAppleCare+サービスを提供し、そのサービスにiPhone2年間の破損保険が含まれている。

また、情報筋によると、今回発表となる新しいiPadは今までのiPhoneパターンをそのまま使用し、新しいiPad に破損保険が含まれる2年間AppleCare+サービスを99ドルで提供する。このサービスはもともとの79ドルで提供されている「AppleCare for iPad」のパッケージに置き換わり、また、偶発的な損傷に対して、49ドルで2度まで保証。

もちろん、まずAppleの製品は高品質で、ほとんど問題出ることがない。また、iPadを入手直後から保護カバーを使うユーザーにとって、99ドルのAppleCare+サービスはあまり必要がないようだ。

Appleは14インチMacBook Airの投入を検討中、中国市場に進出

Appleのサプライチェーンからの情報によると、Appleは今アジア市場向けのMacBook Air (14-inch)モデルの量産を検討中で、このモデルのノートPCは近い将来アジア市場に進出するのようだ。

欧米では15インチモデルが好まれるが、アジア市場では14インチノートPCが主流ということもあり、14インチノートPCの世界シェアは20~25%だ が、アジアでは35~40%というシェアを持っていて、このデータからみると、アジアの ユーザーは14インチのノートブックを好む傾向があると裏付ける。
アナリストが述べた。Appleは今後、主要ターゲットを現在の北米やヨーロッパからアジアへ転換しようとする。特に巨大市場の中国に注目していて、Appleは中国市場での発展の大きな可能性を秘めている。14インチMacBook Airの投入を検討しているということはAppleは中国市場を見据えて考慮していると考えられる。

Apple3GiOS設備ドイツでの裁判

昨夜、AppleはドイツManheim法廷の裁判結果は3GiOS設備をドイツのオンライン販売を撤下するのだ。今日は法廷はこの裁判の結果には臨時中止した。これはAppleは再びにドイツのオンラインショップでモトローラの特許を違反する3GiOS設備の販売を始めることだ。事件前後の時間差は一日も満ちてなかった。
Appleの発言者、「全てのiPhone とiPadのドイツのオンライン販売はもうすぐ回復する。そして、Appleはこの裁判には上告を申し立てている。その理由は七年前にこの特許は既に業界基準特許になっているが、モトローラはAppleの合理的な条件の上に特許の授権を断っているのだ。」と言った。
実は、この禁令は去年の12月に下ったが、昨日で執行したのだ。特許ブログのFOSSは、「Appleにとっては、ベストの状況は”臨時執行”の期限を延ばし、法廷の最終判定結果に上告すれば、臨時の期限は一年以上に超えるのだ。」