アップルApp Storeの営業収入はGoogle Palyの4倍で、しかし増長速度は遥かに後者に及ばない

   応用分析会社App Annieは一つの統計報告を発表して、データは明らかに示して、世界で、アップルApp Storeの総括的営業収入はGoogle Palyの4倍で、しかし、増長速度ははるかに後者に及ばない。アップルApp Storeの営業収入は年初から今まで12.9%を増加した、だが、Google Playは311%だった。

   応用のダウンロード数量に見ると、アップルApp Storeで応用のダウンロード数量はGoogle Playより高くて、しかし、年初のGoogle Playは48%の増幅があって、iOSは約3.3%だけ増加した。

App Storeの上で提出した応用数は100万を突破し

     会社Appsfireの発表するデータによると、08年販売して以来、iOSプラットフォームのApp Storeはすでに100万モデルの応用の提出を目撃証言した。その中で半分の(49.3万)の応用は料金を払わなければならないので、15.8万モデルの応用はゲームだ。今まで提出された応用は権利侵害あるいは他の原因で削除されるかもしれない、現存する応用は73.6万モデルがあって、料金を払う応用のは約45%だ。

   アップルは少し前のiPad mini発表会上でApp Storeの応用数はすでに70万を上回ったと言った、しかし具体的な数字を公表しません。ずっと前のiPhone 5発表会の上で、Tim CookはApp Storeの中で90%の応用が毎週少なくとも一回ダウンロードすると言った、平均的にユーザーはすべて100余り応用がある。

   過去4年に、4億iTunesユーザーはApp Storeに350億回上回るダウンロード量を持ってきて、比べて見て、Google Storeは9月公表したデータによると、総数の67.5万モデルに達して、総括的なダウンロード量は250億を上回ると表明していた。