Googleに買収された後、写真処理アプリケーションSnapseedはAndroid版を出す上で、Ios版に無料となせる。

    Googleは今年九月、開発写真処理アプリケーションSnapseedのチームーNik Softwareを買収した、現在、SnapseedはAndroid版を出す上で、iOS版に無料(元は30元)となせる、今回はアイコンを更新して、アプリケーション起動のページで、Google+ Snapseedを明らかに表す、そして直接に写真を共有することが支持できる。また、Retroluxフィルターを増加した。

    Snapseedのモバイルアプリケーションは人々に簡単な手振りで写真を編集される、違うフィルター効果を提供する上で、直接に違う指標のパラメーターを調整する。

Flurry報告は中国が来年第1四半期に米国を越える、AndroidとiOSのインストール量は全世界で第一になると言った

  移動データ分析会社Flurryは今日一つの報告を発表して、主に全世界のスマートフォンの増加情況を分析した。その中で最も人目を引いたのは、中国AndroidとiOSスマートフォンの増長速度とインストール量は世界の前列で並んで、そして、もう少し米国を越えて、全世界のスマートフォンの系統のインストール量は最高な国になる。

第3四半期の市場占有率:Android:75%、iOS:14.9%、ブラックベリー:4.3%


      IDC最新のデータによって明らかに示して、第3四半期のスマートフォンの領域で、Android携帯電話の市場占有率は75%で、引き続き大きいスコアだ。iOSとブラックベリーは2と3名に分けて、市場占有率がぞれぞれ14.9%と4.3%だ。分析の図表を見てください。

      図から見るように、全世界のスマートフォンの第3四半期の総商品の出荷量は1.81億台で、Android携帯電話のは商品の出荷量が1.36億台で、3/4占めた。縦方向は見にきて、去年の第3四半期にAndroid携帯電話のは商品出荷量が7100万台で、今年91.5%増加した。

      第2名のアップルは。去年同時期と比較して、iPhoneの商品出荷量が57.5%増加して、2690万台だ;市場占有率は1.1%増加して、14.9%だ、依然として高い品質の増加を維持している。

Google Maps世界500個都市に100万の公共交通停留所を新しく増やす、中国都市に200個ある

今日、AndroidバージョンGoogle Mapsが更新され、ユーザーは直接最新版地図で汽車、自動車、路面電車、地下鉄を含めた一つの公共交通システムを選び、それを現すことができる。これらの公共交通停留場はGoogleが新しく加えたもので、世界500個都市の100万の交通停留場が含まれている。

500個の都市の中で200個は中国都市であって、北京、上海、広州等の大きい都市や新疆和田、广西防城港等(詳しい都市リストはこちらをクリック)の小さい都市がある。新版Google Maps(6.10バージョン)は停留所に対し新しくページレイアウトを行い(下記の図面)、もっと使用しやすくなった。

他にも、Google Mapsチームは小さい機能をたくさん増やしている。

現在、これらの機能はAndroidバージョンしか持っていない。最新版地図によって公共交通システム使用はもっと便利になり、ユーザー体験を更にパワーアップした上に、Google Mapsは人々の公共交通使用率を高め、汚染を低下させることもできる。

Spotifyは正式にAndroid版モバイルのラジオ放送局を出した


有名な音楽のストリーミングメディアのプロバイダーSpotifyは、正式にAndroid版モバイルのラジオ放送局を発表することを宣言している。現在、AndroidユーザーはGoogle Playで最新版Spotifyまでダウンロードできるようになっている、それで、無料で最新のラジオ放送局の機能を試用できる。

   Spotifyは米国でトップクラス音楽のストリーミングメディアのサービスを提供する会社と言えて、活発なユーザー数は1500万超えて、その中で、料金を払うユーザーは300万を上回る。でも、Spotifyは最初に決してラジオ放送局サービス・プロバイダではなくて、Slackerの高級な版、Rhapsody、Rdio、MOGを含める競争相手も似ているサービスを提供している。

AndroidのアプリのGoob Alarmは起床まで停止しない

GoobAlarmはWiFiの信号強度(0-100)によって目覚まし時計を停止するかどうかを決める。

このアプリケーションはふつうの目覚まし時計と同じ、いくつかの目覚まし時計を設計するとか、週末と平日が違う時間に設計するとか。

役に立つかどうかは条件がある。第一、家にWiFiがあり、携帯と接続した;第二、WiFiはベッドから遠い。

引き続き嵐:発売してわずか一日で宇宙版“Angry Birds” 28を超える国と地域のアプリケーション商店のランキングで一位に上る

              昨日、Rovioは宇宙版“Angry Birds”の発売を正式に発表した。このゲームは発売してわずか一日で、28を超える国と地域のAppleアプリケーション商店のランキングで一位に上っていた。

       宇宙理念の成功的宣伝とウォルマートとの合作に恵まれ、宇宙版“Angry Birds”は数多くの国のアプリケーション商店の有料アプリケーションランキングとTop Grossingランキングで一位にまで飛び上がり、中には、アメリカ、中国、ドイツ、フランス、インドネシア、ニュージーランド、ロシア、デンマーク、コロンビア、ノルウェー、メキシコ、インド、ギリシャ、イギリス、スペイン、フィンランド、ベルギー等の国が入っている。宇宙版“Angry Birds”は日本、台湾、スウェーデンと韓国で、有料iphoneとipadアプレーションランキングで一位を占めている。

       iPhoneとAndroidバージョンは0.99ドルで、ipadバージョンは2.99ドル、Macバージョンは4.99ドルにまで達している。ゲーム版Androidには0.99ドルの有料版と広告を支持する無料版があって、アマゾンアプリケーション商店には、このゲームの0.99ドルの有料版、広告を支持する無料版と2.99ドルのKindle Fire版がある。

      “Angry Birds”は発売されてから、すごい勢いで世界を席巻し、現在、そのダウンロード量は既に7億を突破している。宇宙版“Angry Birds”が発売されてわずか一日でこれほどの成績を上げていることから見ると、再び世界を席巻することになるだろう。

なぜAndroidがやはりフラットパネル分野での失敗者か

     アップルの最新のiPadは販売台数は3日で300万台に超えった。フラットパネルの市場が明らかになってきたiPadは基本的にAndroidを消滅した。一方、Microsoftのフラットパネルはまだ発売していない。この競争にはアップルは大幅にリードする。

2月の末に、GoogleのAndy Rubinさんは市場に出たAndroidプラットパネルは1200万台ほどあるという発言したが、アップルは4日間でこの数字の1/4を売った。三か月ごとにこんなに多くのiPadが売れる。数の上で最もiPadに近いライバルのKindleでも昨年の休み中に300万台だけだった。では、今後はどうなる?なぜ3年前スタートしたばかりのiPadはこんなにライバルをリードするのだろう。次の説明をご覧ください。

  • 他のフラットパネルより、確かにiPadが優れている。

iPadはベストの操作システムを持ている。ユーザに選択されるより多い、よりいいAPPがある。多数のAPP開発者はこのシステムを開発しつつある。こういう優勢はiPhoneによって同じだが、Andriodは追いかけるままだ。

  • 時代は変わった。

アップルは誰にもiPadを売ることが出来る。Verizon、AT&T見たいな運営商の制限に心配することはない。

  • コストパフォーマンスから見ると、iPadはどのライバルより安い

同じ値段で、iPadみたいにこんなにいい性能と体験を提供する製品はない。それに、体験というものは金で計算できない。

  • 完全に公になっているAndroidと比べて,封閉のiOSはもっといいかも

        IDCの最近公表するデータによって、AndroidとiOS2つのシステムの中で、APP開発者は更に後者に対して興味を持っているようだ。

したがって、こういう状況でiPadの前でAndroidがたとえ失敗者ではなくても、将来の道はまだまだ長い。

Instagramのユーザーは2700万を突破して、アプリケーションAndroid版は間もなく発表


   InstagramはSWSW大会の上ユーザーの数量が既に2700万を突破したと公表していた。以前Instagramは4000万ドルの融資を完成するニュースがあった、会社の創始者Kevin Systromはなんにも言わない。

   Systromは今日Androidユーザーのために1つの良いニュースに持て来た、それはInstagramのAndroidのアプリケーションは間もなく発表した。

Androidの最新バージョン”のコードネームに”Key Lime Pie(キーライムパイ)”を使う

テクノロジー情報サイト「TheVerge.com」の情報によると、GoogleはAndroidの最新バージョン”のコードネームに”Key Lime Pie(キーライムパイ)”を使うことを検討しているようだ。Googleはいつ正式発表するかまたバージョンナンバーの詳しい情報はまだわかりませんが、Googleは最新バージョンのリリースに歩をゆるめることを望んでいるのを考えると、正式発表は2013年となる可能性が高い。また、Googleのいつものルールにしたがって、Androidバージョンのコードネームは「KLP」と略記されます。これまでGoogleはAndroidバージョンの開発コードネームとして、1.5からお菓子にちなんだコードネームが付けられており、バージョンを代表するデザートのサイズも新バージョンの発表につれてだんだん大きくなる。アルファベットの順で並んでいくと、以下となる。

1.5 = Cupcake (カップケーキ)
1.6 = Donut (ドーナッツ)
2.0 = Eclair (エクレア)
2.2 = Froyo (フローズンヨーグルトの略)
2.3 = Gingerbread (ジンジャーブレッド)
3.0 = Honeycomb (ハニカム 蜂の巣)
4.0 = Ice Cream Sandwich (アイスクリームサンドウィッチ)
5.0? = Jelly Bean (ジェリービーン)

去年はJelly Beanの頭文字がJなので、今年はKが順番になる。