10.1インチのGalaxy Tab 2は予定を受け始めて、売価が399.99ドル、ソースコードが既に出した


   10.1インチのGalaxy Tab 2は今日正式に予約を受けて、売価が399.99ドルで、5月13日に小売店で販売始めるそうだ。

   前代のGalaxy Tabと比べて、Galaxy Tab 2は重大な進歩を何にもしない、だが、399ドルの価格は、すっごく競争力がある。

   10インチのGalaxy Tab 2の具体的な配置:Android 4.0システム、TouchWizユーザー・インターフェース、1080pハイビジョンのビデオ、ブルートゥースとMicroSD拡張スロットを支持し、1G RAMと16G/32G内部メモリー。この前、10.1インチのGalaxy Tab は4核のプロセッサーを採択するニュースがあるが、現在の状況を見ると、まだ2核のプロセッサーだ。

   また、10.1インチのGalaxy Tab 2と7インチのGalaxy Tab 2のソースコードは既に出した。興味を持っている人はサムスンのウェブサイトに入って詳しい情報を見てダウンロードできる。

サムスン、「Galaxy S II」をAndroid 4.0にアップデート

サムスンは米国時間3月12日夜、「Galaxy S II」における「Android 4.0」(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)のアップデートを開始すると発表した。今回のアップデートはまずヨーロッパから実施する。今回のアップデートは3月13日より韓国、ポーランド、ハンガリー、スウェーデン、といった欧州を中心に開始され、その後、対象となる地域を通信キャリアと調整しながら順次拡大していくとのこと。『Galaxy S II』と同様にアップグレード対象とされている『Galaxy Note』、『Galaxy S II LTE』、『Galaxy Tab 10.1/8.9』については近く実施するとしている。

このアップデートにより、顔でロックが解除できる「フェイスロック機能」やトラフィック統計、マルチタスクの操作また、サムスンTouchwizユーザー・インターフェースなどの機能が追加されるが、FlashとBluetooth3.0機能は利用できなくなる。

サムスンは昨年ギャラクシー端末をAndroid 2.3にアップグレードプロセスを完成した。Android4.0のアップグレードの開始につれて、サムスンはAndroid端末メーカーにおける主導的地位はさらに強化した。

また、『Galaxy S』、『Galaxy Tab 7』、『Galaxy S Plus』、『Galaxy S SCL』和『Galaxy W』などAndroid 4.0にアップグレードされない機種の一部には、今年3月中旬以降、顔認識でロック画面を解除できる“フェイスアンロック”機能、動画撮影中に静止画を撮影できる“スナップショット”機能、さまざまな効果で画像を編集できる“イメージエディタ”など複数の機能を追加したAndroid 2.3のソフトウェアアップグレードを世界において実施するとしている。

Galaxy S IIは今日からAndroid 4.0をアップグレード


   今日、サムスンは政府を通して、Galaxy S IIがAndroidをアップグレードできるようになることを宣言していた、真っ先にヨーロッパから、ポーランド、ハンガリーとスウェーデンを含んで、韓国はもちろん第一個アップグレードの国で、他の国家のユーザーもだんだんアップグレードのサービスを得る。Galaxy Note、GalaxyS II LTE、Galaxy Tab 8.9と10.1は急速にアップグレードできる。
  
  サムスンは去年に、Galaxy設備がAndroid2.3をアップグレードすることを完成した、Android4.0をアップグレードすると共に、サムスンはAndroid設備商での指導者地位が更にしっかりしていた。

  

モトローラAndroid 4.0アップデート計画公布、数台モデルは第三四半期にアップデートし始め

 モトローラはAndroid4.0アップデート計画表を発表した、毎設備のアップデート詳細と違う地域のアップデート時間を含んでいる。計画で見ると、アップデートする時間まで少し待たなければならない。多数の設備は今年の第三四半期にアップデートし始める見込みだ。
 計画で明らかにした。モトローラのXoom家庭版Atrix 2Atrix 4GPhoton 4GXoom 2Xoom 2メディア版、RAZR国際オーダー版、及びXyboard 8.2とXyboard 10.1だけ、予定のアップデートする時間があり、ほぼすべて今年の第三四半期だ、一部分だけ大に四半期だ。
 下記は世界のアップデート計画表、アジアと太平洋は第四部分に書いている。ご参考までに:

非公式の“pre-alpha”バージョンのAndroid 4.0はKindle Fireで運行成功

xda-developersはKindle Fireに“pre-alpha”バージョンのAndroid 4.0を作成した。運行については音声とビデオなどの問題がある。販売価格は199米ドル、最新のAndroidバージョンを運行できる。この非公式のバージョンの改善を期待している。

Nexus SはAndroid 4.0にアップデート

Nexus S

Nexus S

グーグル:Nexus SはAndroid 4.0(アイスクリームサンドイッチ)二アップデート。しかし、現在、GSM/UMTS型のNexus Sに限っている。CDMA型のNexus S携帯のアップデータ日付は不定。Nexus SはAndroid 4.0にアップデータできる2番目の携帯なった。

一日前、Galaxy Nexusは上場し、価格300ドル。

この前、グーグルは「Galaxy Nexusの後、Nexus SをAndroid 4.0にアップデータ」の承諾を実現した。

via computerworld