GoogleはAndroid応用が既に70万を突破したと語って、iOSに超える

      Googleが昨日新製品を発表して、同時に更に喜んだのがみんなに1つの数字を公表した:Android市場の応用は現在すでに70万モデルを突破した。競争相手アップルは先月にもiOSの応用数が70万を突破したことを宣言して、そして、iPad Miniの発表会の上でこの数字を強調した。つまり、AndroidがiOSを追ったのはこんなに長くて、少なくとも数量を使用するのが追いついたと言える。

      量は追いついた、質か?悪意のソフトウェアはAndroidが市場の1つの大きい問題だ。Google Playの中の1つのアンチウィルスの応用の統計によると、2012年に、Androidは市場の悪意のソフトウェアが同時期と比べて580%増加した。それ以外に、フラットパネルだけのために応用を設計するのは少なくAndroid市場の一大の肋軟骨だ、これは主にAndroidフラットパネルの市場の低迷のために、開発者が開発Androidフラットパネルに対して興味を持ってない。要するに、Android市場とiOSは現在距離があって、でもGoogleは努力している。

      最後、マイクロソフトは昨日Windows Phoneプラットフォームの応用数が12万を突破したことを宣言して、道に追いつき追いこすのはまた長いだ。