アップルは今日株主に25億ドルの配当金を支払い

   今年3月に承諾したように、アップルは株主に株ごとに2.65ドルの配当金を支払って、そして9.35億の流通株の中から全部で25億ドル支出して株主に返報すると予想している。

   実は、大部分の科学技術会社はすべて増加することを方向誘導の会社を属する、つまり業務の発展と市場占有率に広く開拓することを専念する。これらの会社は通常新しい製品開発と科学研究の上で多くの力を使って、競争力を維持する。

   アップルの株価は今年に50%膨張して、だから、この四半期配当金を計画して当たり前でしょう。その他に、アップル理事会は今年3月にまた一つの100億ドルの株の買い戻しプログラムを承認した。この計画は2013に執行し始まって、合計で3年実行予定だ。