網膜スクリーン対戦いよいよ開始:Windows 8も準備完了

        Appleの最新版ipadの解像度は2048*1536に達している。つまり俗称の網膜スクリーンのことだ。今日、マイクロソフトの公式ブログが発表した文章にWindows 8のピクセル密度点について話していたけど、これでWindows 8タブレットパソコンも網膜の行列に加えることになる。

       文章の大体の意味はこうであった。マイクロソフトはディスプレー範囲と解像度に対して既に専門的分析を行なっており、標準、高画質及びquad-XGA(網膜ディスプレーグレード、解像度は2560*1440)など3種類ディスプレーに存在する“Goldilocks Zone”に気づいた。こうしたGoldilocks区域で、超高ディスプレーの問題でテキストとUI要素が潰れたり変形することはない。

        以下は3種類のピクセル密度点の最適位置(sweet spots)である

       第一の標準ディスプレーにおいて、アイコンとテキストの拡大縮小の状況が発生することはない;第二のディスプレーはアイコンとテキストを140%まで拡大し、第三のディスプレーはアイコンとテキストを180%まで拡大する。紛れもなく、このような拡大は問題を起こす。

       解決法案としてアイコンとテキスト等のRenderをディスプレーによって調整することも可能だが、今のハードウェアでこの法案を進めるにはまだ無理がある。例えば、伝統的なテキストのRenderとメモリーの方式などがその原因になる。現在、マイクロソフトもいろいろと努めていると言う。

       マイクロソフトのこの公式ブログは、これからWindows 8タブレット生産を計画しているメーカーたちの高度注目を引くことになるだろう。何しろ、新版iPadは既に最高のタブレット・ディスプレーを持っているし、次のiPad-Killerは少なくともディスプレーが足手まといになってはいけない。