Jonathan Abramsの社会化ニュースの重合サービスNuzzelは170万ドル種の期限の融資をもらった


    Jonathan Abramsは社交ネットの先駆者Friendsterの創始者で、最近、新しい社会化のニュースの重合サービスNuzzelを出した。現在、草創企業は170万ドル融資の種の期限をもらった。
    
    Friendsterを創設したことがある以外、Jonathan AbramsはまたFounders Den、HotLinks、Socializrなどの会社を創立したことがある。Nuzzelは草創企業だが、この会社の仕事は現在請け負うJonathan Abramsがだけある。

   Nuzzelの核心はあなたのTwitter、Facebookの上で追跡した人に分かち合って、読むのが最も多いリンクに並ぶので、それから、内容をNuzzelウェブサイトの上で展示してあるいは要旨の形式でユーザーに電子メールを発送する。ユーザーは1つのページの上で更にその直接な交際範囲の内容にブラウズして分かち合うことができる。   

検索と社会化マーケティング会社Kenshooは再び1200万ドルの融資をもらった


     デジタル化マーケティング会社Kenshooは再度融資1200万ドルをもらった。

     Kenshooは一つのデジタル化マーケティング会社で、マーケティング、社会化のメディアとオンラインの広告の技術のソリューションを検索することに提供して、集成技術は50項を上回って、毎年のソフトウェア発表は20回上回った。Kenshooは16地区で事務機構があって、取引先は190の国家で、Expedia、Facebook、Hitwise、Kayak、LendingTree、Omnicom Media Group、Sears、Starcom MediaVest Group、Tesco、Travelocity、Walgreens、and Zapposなど。。。。。

     Kenshooが3モデルのメイン商品―Kenshoo Enterprise(広告のイベントの管理のツールを検索する)、Kenshoo Local(現地化の検索する広告のイベントの管理のツール)、およびKenshoo Social(社会化の広告のイベントの管理のツール)。

Hootsuiteは再度の5000万ドルの融資を行って、価値が5億ドル

     Hootsuiteは一つの社交メデイアーの管理ツールで、一ヶ月前、2000万ドルの融資を獲得して価値が2億だが、現在、再度の5000万の融資を獲得して価値が5億だ。
    
     HootsuiteとFacebook、Twitter、LinkedInおよびGoogle(Hootsuiteの管理の核心)は良好な関係を持つ。

     Hootsuiteは2008年に創建して、本部はカナダバンクーバーに位置している。創立して以来、HootSuiteは全世界で400万ぐらいのユーザーに集めた。HootSuiteを通じて、既に10億のニュースを発送して、1日あたりは150万のニュースがあって、情報は大体17億のユーザーを覆った。現在、チーム人数は去年の25人から140人まで発展した、そして今年240人を計画している。
     
     Twitterの最も有名な第3者のクライアントとして、Hootsuiteが企業に1つのアカウントをあげて多数の社交ネットを管理させる。Twitterだけあるだけではなくて、またFacebook、Linkedin、Tumblr、Google、Pinterestを含んでいた、Pinterest、すべての主流の社交メディアを覆った上で、現在、拡張し続けている。

     HootSuite定食は3種類があり:無料版、専門版と企業版。無料版の機能が有限で、社交の分析、Googleの分析とFacebook透視などの機能を提供しない。

Googleのエンタープライズ担当プレジデントDave Girouard氏は退社し、個人創業者に融資を提供するUpstartを創立

先日のGoogleの最初の社員のCraig Silversteinが退社し、カーンアカデミー入りすることに続いて、最近またはGoogleのエンタープライズ担当プレジデントDave Girouard氏は退社し、個人創業者に融資を提供するUpstartを創立するといううわさが流れてきた。

Upstartのホームページにはそのように書いてあった。「Upstartは、あなたの将来の収入のほんの一部分と引き換えという形であなたに融資を提供いたします。」Dave Girouardはまだupstartの具体的な経営方法を明らかにしていてないが、多分以下の2つの形で経営を実現するだろう。
1,Upstartは個人の創業者の未来の株と引き換えに融資を提供する
2,個人創業者に金利が低いローンを提供する
Girouard氏はGmail、Googleカレンダー、Google Docまたその他のクラウド·コンピューティング·アプリケーションの開発を担当していた。彼が会社を経営する8年間、Girouard氏はマイクロソフトが主導していたデスクトップアプリケーションとメールの分野に取り組んでいた。クラウド·コンピューティング技術の開発と普及にも力を入れていて、多くの市場シェアを獲得した。Girouard氏は、Google+にそのように書いた。「私は過去数ヶ月で、若い世代のことについていろいろと考えた。彼らが今の時代で直面しているチャンスとチャレンジ。私はwww.upstart.comの創立を始めた。もっと詳しいことはこれから続々と皆さんにお伝えします。」

ソーシャル・ネットワークサービスYammer、8500万ドルの融資を獲得

ソーシャル・ネットワークサービスYammerは本日、8500万ドルの融資を完了したことを発表した。 この融資額はこの前のうわさの5000万ドルよりも多く、これはYammerの発展の良い勢いと投資家に信頼されていることが裏付けられた。今回の融資もYammerいままで最大規模の融資となり、これで、Yammerの企業融資総額は1.42億ドルにに達した。

2011年Yammerは爆発的な成長を遂げた。Yammerの有料ユーザー数は30万から80万人に、トータルユーザー数は160万からまで400万に、会社の従業員人数も80人から250人に成長した。また、今、フォーチュン500社の85%の企業を含み、約20万社の企業は社内コミュニケーションとコラボレーションにYammerを利用している。Yammerの2011年の売上高はまた、昨年比倍以上に伸び、2500万ドルに達した。

Yammerの創始者兼CEOのDavid Sacksが語った。
「この融資で、私たちはすべての上場企業がやっていることをやれるようになりました。我々この資金を利用して、グローバルな広告宣伝を行います。これら広告宣伝のテーマは「企業のネットワークは企業価値の重要な構成部分である」です。Sacksはさらに会社はこの資金でOS XとWindows操作システムのために特別にネイティブ·デスクトップ·クライアントサーバーを開発すると話した。

Yammerは会社のバリュエーションに関する情報を開示しませんでしたが現在の急速な発展の勢いからみれば、Yammerは10億ドルクラブに入っても別に驚くべきことではありません。

Facebookは発売する申請を提出して、融資は50億ドル予定だ


     この日ついに来て、世界最大の社交ネット「Facebook」発売する申請を提出したばかりだ。
     Facebookは今度発売する中で50億ドルを融資する予定だ、それは見事に発売した後に恐らく幾百幾千人の従業員が百万長者になるかもしれない。
     株主数が500人を上回るために、みんなはすべて知っている、 Facebook 発売するのは避けられないので、ただその発売時間はずっと不確定で、甚だしきに至っては“私達が準備した時に”はすべてMark Zuckerburg の口癖になった。
     2008 年、Facebookは1部の治外法権を獲得して、その株主が上回るSEC 規定のの 500 人を上回ることを許して、しかし決して発売しなくて、しかし、それはいくつかの財務の数字必要がある。

無料CAD模型のダウンロートのコミュニテイ「GrabCAD」再び400万ドルの融資を獲得した


     あなたは想像できるか?機械の設計エンジニとインターネットは何にか関係があるのだろうか?少なくとも、GrabCADを見る前に、想像力乏しい僕はどうしても想像できない、このサイトの創業者は機械の設計エンジニの出身だ、製品開発会社で働いた事がある、二つの問題を見つけ。
     一、事業サービスのパートナーを探して非常に時間をかかった。
     二、エンジニの時間は簡単、重複、無駄な仕事をかかった。
     だから、彼らは最後にGrabCADを創設した、全てのエンジニに無料な共用なCAD模型のダウンロート及び設計仕事の交易市場も提供してくれた。
     機械設計エンジニはGrabCAD関係知識を分かち合うことをできる、協力にCAD模型と項目をできる、そして、メーカーや製品設計企業はGrabCADで威客と同じのモードに挑戦できる、数百人のエンジニに製品の考えを根拠して設計する、また、この物を通じて、
選別して必要なエンジニに直接に雇用できる。一方GrabCADは高品質のCADサービスと項目管理サービスを提供する。
     現在、7万人のエンジニが登録することを引きつけされた、CAD模型のダウンロート数は百万を上回た、三ヶ月だけ20万を上回た、それで、最近GrabCADは再び400万ドルの融資を獲得した。

仕事ソフト推薦プラットフォームBestVendor  A回融資300万米ドル

BestVendorとは仕事中使っているソフトを対象として、みんなに評価されて、ソフトの情報交流と共有のところだ。

ユーザーはソフトを分類し、評価し、推薦することができる。ソフトの使用率、推薦量などを利用して、ソフトをランキングする。また、すべてのソフトのホームページのリンクもあり、ユーザーはダウンロード、試用、買うことができる。

     

BestVendorは今回、A回の融資に300万米ドルのベンチャー投資をもらった。

このニューヨークの創業会社は2011年1月に設立、6月に60万米ドルの天使投資をもらった。先月、テストサイトはすでに出てきた。現在、4800あまりのユーザーが持っている。ユーザー一人ずつ平均13個の仕事関連ソフトとサービスを共有している。

 

Zynga IPOニュース:10億ドルを融資、70億ドル見積

bloombergメッセージ:ZyngaはIPO規模:株10ドル、数1億、10億ドル融資。計算によって、総価値は70億ドルになるそうだ。

計算した総価値は7月に予想の価値(150~200億ドル)より低くなった。

Zyngaは2007年に設立し、現在、1300の社員を超え、ソーシャルゲーム開発に活躍していた。

融資歴史

2007 Reid Hoffman シード投資

2008 sequoiacap 1000万ドル 

2008 Kleiner Perkins 2900万ドル

2009 Andreessen Horowitz Kevin Rose 1.8億ドル

2010 ソフトバンク、Google 3億ドル

            合計 5.19億ドル