第3四半期に中国のスマートフォンの出荷量は全世界の1/3を占めて


第市場研究会社Canalys Researchによると、第3四半期に、中国のスマートフォンの出荷量は5000万冊になって、全世界のスマートフォンの出荷量の1/3を占めた。アップルの携帯電話は中国の商品量が前5位落してきた。

  第1位と第2位はぞれぞれサムスンとLenovoで、市場占有率を接近して、それぞれ14%と13%だ。第3位は1匹のダークホースで、第1四半期は前5を進んでいない宇竜の通信だ。宇竜の通信はローエンドのクール派の携帯電話を生産することを通じて、この四半期で突き進んでトップ3の玉座に着いた。第4位と第5位はZTEと華為で、市場占有率がクールと同じで、すべて10%ぐらいだ。

  今年、アップルは中国のスマートフォンでの市場占有率はずっと下がっている。第1四半期に第2位で、市場占有率は19%だ。第2四半期はもうだめで、急に9%下落して、第5位だ。第3四半期はまた下落した1パーセント下落した、第6位だ。

第3四半期の市場占有率:Android:75%、iOS:14.9%、ブラックベリー:4.3%


      IDC最新のデータによって明らかに示して、第3四半期のスマートフォンの領域で、Android携帯電話の市場占有率は75%で、引き続き大きいスコアだ。iOSとブラックベリーは2と3名に分けて、市場占有率がぞれぞれ14.9%と4.3%だ。分析の図表を見てください。

      図から見るように、全世界のスマートフォンの第3四半期の総商品の出荷量は1.81億台で、Android携帯電話のは商品の出荷量が1.36億台で、3/4占めた。縦方向は見にきて、去年の第3四半期にAndroid携帯電話のは商品出荷量が7100万台で、今年91.5%増加した。

      第2名のアップルは。去年同時期と比較して、iPhoneの商品出荷量が57.5%増加して、2690万台だ;市場占有率は1.1%増加して、14.9%だ、依然として高い品質の増加を維持している。