HTCはアップルとの特許紛糾が終わった後に、ほっとした!


   HTCとアップルの特許紛糾は半分2年続けて、この2年半にHTCがほんとに苦労した。業内で普遍的な観点は、HTCはここ数年なぜ離れて、大きい原因はアップルとの特許紛糾のためと思っている。でも、喜んだのは、傲慢なアップルはついにプライドをかなぐり捨て、HTCと和解が成立した。今度の和解は、HTCにとって大きい意味があって、これからもっと安心して新しいスマートフォンを研究開発することを集中できる。本当にほっとした。

アップルはHTCとの特許紛糾を終えて、10年の許可合意を締結し


    アップルは、オフィシャルサイトで台湾携帯電話メーカーHTCとすべての特許訴訟は取り消して、同時に2社は10年の特許合意を締結して、既存と未来の全部の特許を含めたと声明していた。具体的な和解の条件はしばらく公表していない。

    HTC最高経営責任者の周永明からの話:“HTCはアップルと特許の紛争を解決して嬉しい、これは私達に革新を集中できる、訴訟ではない。”アップルTim Cookから:“私達はとてもうれしくHTCと和解が成立して、そして製品の革新の方面でピント合わせに引き続き維持していく。”

    アップルは2010年3月にHTCを起訴して、1年後にHTCがアップルに訴える、Macコンピュータ、iPhone、iPadなど権利侵害の製品を輸入することを阻止したい。和解を始める原因は2社は急いで一連で新しいWindows 8設備に受け答えるか?まだわからない。