Apple次世代iPhoneの新しい名前はThe New iPhone?

今年のApple発表会、一番意外なことは、新しいiPadの名前は初代製品のお名前のままで、「iPad」を使っていることである。iPad2と比べて、新しいiPadはRetinatディスプレーの採用や2048×1536ドットの高精細の画面解像度など、いろいろな面で一段と進化した。しかし、その名前は、結局私たち予想したiPad3やiPad HD、iPad2Sなどのどちらでもない。ということで、次世代iPhoneもiPadと同じ、新しい名前がなく、ただThe New iPhoneと呼ばれたじゃないかと多くの人が思っている。

もし本当にそういうことになったら、携帯電話事業者に1つの難題を出すことになるだろう。というのは、携帯電話事業者たちは違う名称やバージョンで価格をつけている。新バージョンはもし古いバージョン同じ名前だったら、消費者と事業者間のコミュニケーションの混乱が生じるだろう。携帯電話は名前が全部同じiPhoneだが、価格が全然違う。将来消費者の私たちはこういう状況に遭ってしまうだろう。新しい名前を使わないのはAppleのブランド統合管理には役に立つが、消費者と販売店には困惑をもたらすことになる。Appleはこの点についてどういうお考えだろうか?