太陽エネルギーの無線充電ーElectree+とKikstarterが資金を調達している

   無線充電を支持できるQi携帯電話はだんだん多くなって、Nexus 4、Droid DNA、Lumia 920などの最新の旗艦の携帯電話が含まれた。そのため、フランスのデザイナーVivien Mullerはひとつ未来感を満た太陽エネルギーの無線充電の装置 ― Electree+を作った 。

   Electree+ 14000ミリアンペアの電池を内蔵して、少なくともiPhone 5に9回充電できる。27つ太陽エネルギーの採光板はできるだけ多い光線を捕まえることができて、自分の電池にフル充電するのは36時間だ、しかし、常用的なスマートフォンの電池を充電して約4時間だけだ。

   Vivienは2008年に初めてこの設計を出したが、大量の注文書を獲得しなくて、現在、Kikstarterでの融資は再び設計した後の製品だ。

羅技は無線の太陽エネルギーのキーボードを出した::一健でMac、iPad,iPhone3を制御


     最近、羅技はK760無線の太陽エネルギーのキーボードを出して、1つのキーボードはMac、iPad、iPhoneを制御することができる。どういう意味ですか?あなたは1つのK760キーボードを通じて3つのパソコンーをジャックできる。

    この新しいK760キーボードは、羅技が2010年出したK750キーボードの1つのアップグレード版だ。それは太陽エネルギーにしても室内の照明にしてもを通じて充電することができて。このキーボードは充電した後、一日8時間を使うによって計算して、3ヶ月を使うことができる。このキーボードの外観はアップルの自分の無線のキーボードみたい。

    この無線のマウスの売価は80ドルだ。