アップルとサムスン、 携帯電話の産業の99%利潤を占めた

2012年、携帯電話メーカーの中で誰が金を儲けたか?解答は3社しかない:アップル、サムスンとHTC。有名な分析のウェブサイトAsymcoのHorace Dediuの統計したでーたによると、アップルとサムスンは携帯電話メーカーの利潤の99%を占めた。

     2010年の第一四半期の53億ドルから2012年の第一四半期の144億ドルに上がった。2007年の第2四半期から計算して、ノキアの携帯電話の利潤市場占有率から急速に下がったが、アップルの利潤は急速に上昇していた。また、RIMとLGの利潤はサムスンにゆっくり浸食された。
    
     

注意:機能の携帯電話の利潤は中級品のスマートフォンより高い


    今スマートフォンの主役を演じる時代で、しかし、儲けて真金実銀を儲けて取る方面に、スマートフォンの振る舞いが昔の大先輩の機能の携帯電話に追いつくことができるとは限らない。最も直観的な例を挙げて、ノキアの販売の1部の40ドルの機能の携帯電話の獲得した利潤はソニー・エリクソンの1台の200ドルのAndroidスマートフォンずっと高い。明らかに、これがスマートフォンが変革を引率したのなるべきでない結果だ。
    少し肯定することができて、スマートフォンは歌声高らかに躍進して(去年第4四半期、全世界のスマートフォンの販売量が同時期と比べて突然50%膨張する)、機能の携帯電話は着実に下がることが基本的に変わることをできない、しかし、機能の携帯電話の今年の見通しの販売量は依然として10億冊まで達することができて、これはノキアとたくさんのアジア地区のOEMの携帯電話のメーカーのために、巨大な利潤の空間を創造した。かえって、多い携帯電話のメーカーは1-3年前に既に機能の携帯市場を逃げた。