Lumia610とLumia900のお蔭で、Windows Phoneは7月に、ヨーロッパの市場占有率が23.5%増加した

      Windows Phoneは世界市場で販売量がそんな楽観的ではありませんが、しかし、これが決してWP携帯電話が好きな消費者がないと言えない。WMPowerUserウェブサイトのデータによって、Windows Phoneは7月にヨーロッパの市場占有率の新高値を突破して、 同時期と比べて、24%に増加した。

     ヨーロッパ市場でWP携帯電話の市場占有率は小さいけれども、しかし、1.36%から1.68%まで増加して、とても大きい引き上げだ。この前、2月に北欧で販売したLumia 800は最速で、市場占有率は20%ぐらい増加した。今度は、主にLumia 610と Lumia 900の功労だ。

     Lumia 610は1中低価格の市場のスマートフォンだが、Lumia 900はハイエンドのユーザーの携帯電話だ。この二つの携帯電話は市場でユーザーの需要に迎合できる。WP携帯電話の市場占有率のために、一番大きい力を出した。

Santa Clara:ヨーロッパの第1台のIntelのチップAndroid携帯電話を発表


  ヨーロッパキャリアは今日第1台のMedfieldのチップのAndroid携帯電話を発表した――Santa Clara。この携帯電話は、ヨーロッパキャリアOrangeが今年の夏に正式に発表する予定だ、携帯電話の全体設計を見ると、Intelはこの前のCES大会で出した携帯電話と似ている。

  下記はSanta Claraの具体的なパラメーターだ。
  Intel Atom Z2460のCPUを搭載して、クロック周波数の1.6GHz。
  4.03インチのスクリーン、解像度の1024 x 600。
  800万画素のカメラ、最高な連写スピードは毎秒10枚できる、そして1080pハイビジョンのビデオを制作できる。
  携帯電話はHSPA技術を支持して、アップロードスピードの5.6Mbps、ダウンロードスピードの21.2Mbps。
  HDMIハイビジョンのビデオの輸出インターフェイスがあり、16Gメモリーを内蔵した。  
  NFC技術、Orange会社のHD音声通話の技術におよび手振りのナビゲート機能を支持できる。
  理論は14日待機あるいは8時間の3G通話時間。 
  外形のサイズ 123 x 63 x 9.99 (mm),重さが117g。
  

  Santa ClaraはAndroid 2.3システムを運行して、機械が操作の上でなめらかさを保証できる。(未来、4.0システムまでアップグレードする可能性がある)。ほかのキャリアの言い方によって、この携帯電話は中低価格の市場を目指したので、価格の上でとても大きい優位がある。