Amazon Appstoreは金儲けがうまくてGoogle Playを遥かに超えて、あるいはiTunes App Storeを匹敵できる

   iOSとAndroidはモバイルプラットフォームの2の大きい巨頭で、これははっきり見える事実だ。現在の情況によって、その地位が揺り動かしにくい。だから、BlackBerry、Windows Phoneはすべてモバイルプラットフォームの第3大玉座に対して虎視眈々としている。だが、モバイル分析会社Flurryの最新の分析の表示から、Amazonは本当に注意しなければならない相手だ。

   Flurryの調査結果は2つの重要な成り行きを反映した。一、良い収益を得るために、Androidプラットフォームのアプリケーションを基づくの開発者にできるだけ早くアプリケーションをAmazon Appstoreに発表すべきだ、。二、実際にはAndroidプラットフォームに基づくのアプリケーションはお金を儲けることができる、その上、同じのアプリケーションはたぶんiOSアプリケーションと同じ多いお金を儲けるかもしれない。

   確かに、いくつかの開発者にとってAmazonに身を寄せるのは理想的な選択じゃない、Amazonがアプリケーションの定価の権力を掌握したことを考慮に入れた。しかし、定価の自由が放棄しも何にがあったか?アプリケーションは最終にもっと多いお金を儲けるさえすれば、開発者の目的は実現じゃないか?その上、Amazonはモバイルのアプリケーションの普及に全力をやっていた。

モバイル時代、サーチエンジンの再設計必要

          今後12ヶ月内に、モバイル装置でインターネットにアクセスする人数はPC装置を上回る可能性があると言う。人々がAPPにかける時間が多くなるほど、その行為はモバイル装置への人々の足取りを加速させることになる。

  • この前のモルガン・スタンレーの予測によると、2012年の年末頃には、スマートフォンの出荷量が初めてデスクトップパソコン、ノートパソコン及びネットブックの総出荷量を上回ることになる。
  • 2010年以来、スマートフォンの四半期ごとの出荷量はPCを上回っており、スマートフォンへの人々の適応能力は史上のどの製品よりも強い。
  • Emailはよく人々に使われているパソコンのアプリケーションの一つである。Comscoreの研究データから見れば、2010年以来、PCでEmailにアクセスする流量が減りつつあることに比べて、モバイル装置のほうは10年11月だけで36%を増やしている。

       モバイル時代、人々は様々なAPPに転じ続けていて、昔のようなリンク式ウェブページの市場はだんだん萎縮していくことになる。そのウェブページの基で立ち上がるGoogleのサーチエンジンこそが、まさに巨大業務の基礎である。

       実は、人々がモバイル装置(スマットフォン、タブレットなど)でサーチエンジンを使う確率はPCよりずっと低い。モバイル装置でのサーチエンジンの体験があまりよくなかったし、小さいスクリーン、遅いスピードも確率の低い原因の一つである。

       これからは、何か問題がある時に、その問題を検索するのではなく、関連APPを検索してダウンロードすればいい。APPが自分のニーズに合わせるようになったら、サーチエンジンで答えを求める必要はなくなる。

       だから、モバイル装置でのサーチエンジンを再設計する必要があると言う。各ウェブページの間で苦労するのではなく、APPの思想を借りて、答え、データ等を直接もらえる方法を考えるのだ。

モバイル商取引は飛躍できる五個の理由だ

 近年、モバイル設備及モバイル.ネットワックの発展と普及はすっごく驚いた。それから、新しいユーザー習慣と消費方式を出た。
 下記は商取引が飛躍できる五個の理由だ。
 ①タブレットPCは電子商取引に影響を与える。
 ②消費者はモバイル設備を使う時、もっと購買の意欲を持ってきた。
 ③モバイル設備の検索する広告のクリック回数をお蔭で。
 ④夜間にショッピングのビジネスチャンスを持ってきた。
 ⑤モバイル.ネットワックは強大な潜在力を持っている。

モバイルが肝心だ:Zyngaはモバイルのユーザー5倍を増加して、毎日活発な使用者数は1500万を上回り


 Zyngaの第4四半期に財務報告は明らかに示して、モバイルのユーザーはその中で最も高速の業務の中の一つだ。会社の財務の電話会議の上で、CEO兼創始者「Marc Pincus」より、2011年、Zyngaのモバイルのユーザーは5倍増加した、毎日活発な使用者数は1500万を上回って、去年の12月にこの数字はまた1300万だけある、先月に比べて200万増加した、全体の四半期500万増加した。第3四半期、そのモバイルゲームのユーザーの毎日活発数量はただ990万だ。
 第4四半期、Zyngaは5個ゲームを出した、Mafia WarsとForestVilleに含まれた。会社のゲーム「Dream Zoo、Words with FriendsとZynga Poker」はこの四半期でiOSプラットフォームの前の10名を獲得した。

Facebookはモバイルタッチパネルのページに地元商家の勧めと評論機能を増加

Facebookはモバイルタッチパネルのページに勧めタッグのテストが始まった。モバイルページに社交勧めとおまけ情報を出した。Yelpのようなタイプの商家検索と評論の商品になりがちだ。
去年の5月から、ユーザーはFacebookに商家の推薦と評論ができる。この特性はモバイル設備に使うのも不可能ではない。もしそうだったら、ユーザーは友人と他の人の勧めた地元商品を知る事になる。
現在、タッチパネル設備でm.facebook.comをアクセスしたら、この機能を使える。ユーザーはページに名前、また「周り」タッグを使って検索できる。ページのトップに「推薦」タッグの後ろに「もっと」がある。そこに自分の推薦内容を書き込む、友人を訪ねる、他人の書き込みを読むこともできる。プライベート設定も調整できる。
推薦機能は地域データを獲得してから、有効になる。全てのファンパージもアドレス増加する方法で情報を添加することができる。Facebookは推薦機能を消費品、サイトと他のサービスなどを圏内のページに添加するかもしれない。
地域商家推薦はFacebookの一つのモバイルアプりになる時、商店をレストランはYelpに自分の評論を書くように勧めたと同様に、「Facebookに私を勧めてください」のような看板を出すかもしれない。ユーザーの書き込みはすぐ新しい書き込みにカバーされるが、このような、分別に表示されるアドバイスは友達と他のユーザーに大きな影響を与える。もう一つは、推薦した後、Facebookは一つのアドレスと友達書き込んだ内容を自動に生成する。

日本自動販売機がWI-FIを接続し、モバイルネットワークの発展を進める

モバイル設備ユーザーが違う場所に行ったら、ただのWi-Fiネットを検索習慣がある。今は、日本の朝日ドリンク会社は、飲み物を提供する以外、50メートル範囲内でWi-Fi信号を提供する自動販売機を出す。誰でも、提供されたWi-Fi信号で、だだでインタネットへ接続することができる。
この信号あh各種の設備を支持し、新規登録いらない、ドリンクを購入する必要もない。接続できたら、モバイル設備は自動に勧められた地域情報を受信できる、例え、地元のデパート、観光スポットなど。朝日会社は2012年に東京をふくめて五つの町で1000台の自動販売機を投入し、そして、次の五年間で、10000台を投入する予定である。

モバイルFlashプラグイン11.1にアップグレード Galaxy Nexus対応

カーテンコール前に最後のショー:モバイルFlashプラグイン11.1にアップグレード Galaxy Nexus対応

さようなら

さようなら

近日、Adobeは「モバイルFlashプラグイン11.1にアップグレード」をお知らせした。ポイントはGoogle Android4.0のGalaxy Nexus対応する。

これはFlashプラグイン最後のアップグレードになる可能性が高い。