Googleは続々モトローラの世界専属ウェブサイトを閉めて、アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカを含む

   Googleがモトローラの各地に対して減員することを宣言した後で、また一つの嵐は始まって、モトローラの大部分はウェブサイトは閉められて、アジア、ヨーロッパ、中東とアフリカを含む。

   これはまだ終わっていないで、未来もっと世界専属ウェブサイト閉められるかもしれない。125億ドルの買収の日から、私達はモトローラがどうしても多くの変化に直面することを知っていて、大幅に人員の削減とウェブサイトを閉めることはやはり驚くと感じさせた。ある日、モトローラの標識はゆっくりと私達の生活から消えてなくなるかもしれない。

モトローラAndroid 4.0アップデート計画公布、数台モデルは第三四半期にアップデートし始め

 モトローラはAndroid4.0アップデート計画表を発表した、毎設備のアップデート詳細と違う地域のアップデート時間を含んでいる。計画で見ると、アップデートする時間まで少し待たなければならない。多数の設備は今年の第三四半期にアップデートし始める見込みだ。
 計画で明らかにした。モトローラのXoom家庭版Atrix 2Atrix 4GPhoton 4GXoom 2Xoom 2メディア版、RAZR国際オーダー版、及びXyboard 8.2とXyboard 10.1だけ、予定のアップデートする時間があり、ほぼすべて今年の第三四半期だ、一部分だけ大に四半期だ。
 下記は世界のアップデート計画表、アジアと太平洋は第四部分に書いている。ご参考までに:

欧州連合の後につき米司法省も、Googleが125億ドルでモトローラを買収することを批准した

 Googleは125億ドルでモトローラを買収することが欧州連合に批准された後数時間のうち、米司法省も今回の買収を批准した。
 そうしたら、世間の注目を集めている買収までもっと近くなった。この買収をできるなら、中国、中国台湾及びイスラエル側の批准を受けなければならない。
 米司法省反独占局が、「今回の買収は目下の市場状況をはっきりと変えない」と表した。しかし、欧州連合、米司法省などが全然心配してない意味ではない。彼らはGoogleを注意深く見守る。いったん許可を操るのが見つかったら、米司法省は「まったくためらわなくて行動する」見込みだ。

via TC