マイクロソフトは正式にソーシャルネットSoclを出し

   昨年末から密かにテストしたが、今年5月に改版したSoclはついに大衆に向かって公測を始めた。

   Soclは最初、マイクロソフトの内部の従業員といくつか大学生だけ向って、興味の社交ネットに基づく路線だった。それは検索と社交に解け合って、外観の上から更にPinterest見たい、Facebookではありません。初めてログインして、あなたは興味を持つユーザーが関心を行うことができる。Soclの初志はひとつ専門的に社交メディアを学ぶ学生に創立したソーシャルネットだ。目的は学習の体験を広げるために、そして、彼らに再び自分の学習と交流の方法を考えるように助ける。

マイクロソフトSurface社長Panos Panayは、Surface Proの電池の持続時間が4時間だけと話した

   マイクロソフトは今日正式にSurface Pro コンピュータの価格と発売時間を発表した、その中で64GBは899ドル、128GBは999ドルだ。その後、マイクロソフトSurface社長Panos Panayが Twitterでネット友達の問題に答えた。Panos Panayは、Surface Proの電池の持続時間はSurface RTの半分だけと答えた。テストによると、Surface RT電池の持続時間は8時間ぐらいだ。

マイクロソフトSurface Proは来年1月に発売して、64GB:899ドル、128GB:999ドル

  マイクロソフト政府のBloggerは、Surface ProタブレットPCは来年1月に正式に発売して、価格:64GBが899ドル、128GBは999ドルだと今日宣言していた。この二つは1本Surface ペン、および大型封筒とキーボードカバーがある。

  Surface Proの配置:インテルのCorei5プロセッサー、10.6インチのスクリーン、Intel HD Graphics 4000画像のプロセッサー、解像度は1920×1080ピクセル、4GBのRAM、重さ:2ポンド、厚さ:0.53インチ。

マイクロソフトは来年初めにWP 7.8アップグレードシステムを発表

  今日、マイクロソフトは来年第1四半期に既存Windows Phone 7.5の設備をWindows Phone 7.8バージョンにアップグレードする、その上で未来売り出す設備も自動的にWP7.8にアップグレードすると承諾した。

  Windows Phone 7.5設備はWindows Phone 8にアップグレードすることができませんが、しかし、マイクロソフトはずっと既存WP7.5設備をアップグレードサービスを提供することを公言した、WP 7.8はWP 8の妥協バージョンで、WP 8のある機能はないけど、しかし系統の操作のインターフェースと体験はWP 8に似ている。

マイクロソフトとAmazonは富士康に携帯電話のOEMの注文書に提出して、2013年の中期に発表すると予想している

    今月の初め、ウォール・ストリート・ジャーナルは、マイクロソフトは部品の供給商と自分のスマートフォンをテストしていると漏らした。DigiTimes最新ニュースによると、富士康がすでにマイクロソフトとAmazon からの携帯電話のOEMの注文書を受け取った、しかも、2社は2013年の中期にオリジナルブランドの携帯電話を発表するかもしれない。

    マイクロソフトのオリジナルブランドの携帯電話はWindows Phone 8システムを搭載する、でも、初期の携帯電話の出荷量はとても有限だ。以前のニュースによって、この携帯電話のスクリーンは4~5インチだ。

マイクロソフトの話:私達はすでに4000万組のWindows 8を販売した

   マイクロソフトは今日、現在まですでに4000万のWindows 8を販売でしたと宣言していた。Windows首席のマーケティングと財務官Tami Rellerはスイスで公表した。今度のWin 8は再びVistaのように失敗することはできなかった。この前で、Windows 8 の販売量は400万で、この数値はWindows 8は10月正式に販売した4日後で公表した。

   この前に、Windows 8系統のPC販売量は内部の予想よりはるかに低いだと思われる。しかし現在の数字見たところ、Windows 8はやはり少し望みがある。当年、Windows 7の2ヶ月後の販売量は6000万組だ。

マイクロソフトは新しいSkydrive SDK、IFTTT、DocuSign、SoundGeckoなどの応用を発表してSkydriveに用いる

  マイクロソフトは1年前頃にSkyDrive APIを発表して、1年後に、それらすでにマイクロソフトのそれぞれのプラットフォームに用いられた上。最近、Windows Phone 8の発表を従い、今日、マイクロソフトは新しいSkyDrive APIを発表して、Windows Phone 8開発者はSkyDriveを自分の製品の上で用いる。

  Skydriveは1つのプラットフォームだ。SkyDriveはマイクロソフトのオンラインソフトの代表的作品で、そして現在、段階性の成功をもらった。何日前、マイクロソフトはいくつかSkyDriveのデータを公表した:過去の6ヶ月、SkyDriveの上でメモリーのデータ量は倍増した。マイクロソフトは、このサービスに更に開放的でなければならない。

  SkyDriveを使っているいくつか応用があって、たとえばPodio、XobniとZapierなど、今日マイクロソフトはまたほかの製品もSkyDrive SDKを使っているかを公表して、たとえばIFTTT、DocuSignとSoundGeckoだ。

Windows 8の父Steven Sinofskyはマイクロソフトを離れて、マイクロソフト政府はすでに確認した

    AllThingsDの報道によると:Windows 8チームの責任者Steven Sinofskyは会社を離れること決定して、この言い方はすでにマイクロソフトの確認をもらった。

    Steven Sinofskyは2006年前に、ずっとマイクロソフトのOffice部門を管理していた。2006年までWindowsとWindows Live部門を接収して管理することを始めて、その後、Windows 7OSを出した、新システムは好評を獲得して、一挙にWindows Vistaの非難の局面を終えた。その後、Windows 8もSteven Sinofskyが担当する、現在まで、Windows 8はいくつか足りないところがあるけれども、しかし、全体はやはり業界の積極的な評価をもらった。

米国のビデオゲームの市場は11ヶ月連続して元気がなくて、10月にマイクロソフトXbox販売量は31%下がり

     市場調査研究会社NPD Group報告によると、今年10月、米国のビデオゲームの市場の販売総額は7.555億ドルで、同時期と比べて25%下がって、これは既に第11ヶ月連続して同時期と比べて下がった。

     NPD Groupは、主要な原因はハードウエアの方面のビデオのゲーム機の販売量が大幅に下がる――総額は1.873億ドルで、同時期と比べて37%下がったと指摘していた。その他に、ビデオのゲームソフトは同じく下がる、総額は4.326億ドル、同時期と比べて25%下がった。

     環境の影響を受けて、マイクロソフトXbOXゲーム機の販売量も下がった。10月、マイクロソフトは27万台のXboxを売り出して、去年同時期の39.3万台に比べて、31%下がった。たとえ大幅に下がるとしても、Xboxはやはり第22ヶ月連続して米国のビデオのゲーム機の市場を維持した。

     分析によると、米国のビデオゲームの市場が大幅に下がるのは主に10月に大部分ビデオゲームの周期の終わりだ。続いている11月、マイクロソフトは《Halo 4》を発表する。

マイクロソフトはSmartGlassのiOS版を出して、Xboxなどの多画面インタラクティブを支持できる

     今年6月、マイクロソフトはXboxとWindows 8フラットパネルの携帯電話のシームレス交換を支持するSmartGlass応用計画を出した。その機能とアップルAirPlay無線技術は似たところがあって、ユーザーにモバイル設備の中のビデオをテレビまで発送することを許す。この応用はスマートフォンとフラットパネルの縫い跡なしの長距離コントロールXboを通じて、ウェブサイトあるいはリクエストのネットのビデオにブラウズして、Xboxの上の内容は同時にテレビの上に出力して、本当に客間の体験の一体化を実現する。

     10月24日に正式にSmartGlassを発表した後で、マイクロソフトは一刻も休まないで、10月26日にSmartGlass応用のAndroidバージョンを出した。今日のiOSバージョンが発表した後に、Xbox 360ユーザーは自分のiPhoneあるいはiPadを通じて関連のXbox制御をする、未来ゲームとメディアに消費する時、インタラクティブを行う。