マイクロソフトは 7寸のゲームのフラットパネルをやっている、名前はXbox Surfaceと言う


    マイクロソフトはSurface Phone携帯電話を出したい話が出た後で、最近米国の科学技術のウェブサイトTheVerge記者Tom Warrenは、マイクロソフトは確かに7インチの娯楽のフラットパネル、ARMプロセッサー、大きいメモリを研究開発していることを実証した、専門的にメモリを食べるゲームを対処する。 
   
    Xbox Surfaceはマイクロソフトの普通な核心を使うけれども、しかし、それはWindowsシステムを運行しことができない。これは本当にゲームのために設計するフラットパネルだ。

    Xbox Surfaceはマイクロソフトのシリコンバレーの事務室で設計する、最近、マイクロソフトは秘密作業を重視始めて、いくつかのXbox関連のオフィス・ビルはすべて従業員が入ることを制限した。7寸のフラットパネルはXbox360メーカーで作るかもしれない、しかし、Xbox 720は大型OEM生産会社で転向するそうだ、たとえば、富士康。

Googleは正式に搭載したAndroid4.2のNexus 10を発表:16GB:399ドル、32GB:499ドル


     ハリケーンのために、Googleが今日の発表会を取り消したけれども、Google今日は依然として1シリーズ商品を発表した。新版のNexus7フラットパネル、Nexus 4スマートフォンの後で、GoogleはまたAndroid 4.2を搭載したNexus 10を発表した。

     以前は漏らした情報によると、これはサムスンのOEMでのNexus 10具体的な配置は:
     •10.1インチの2500 x 1600スクリーン、300ppi,スクリーンとアップルiPadのRetinaスクリーンは同等なレベルがある。
     •Android 4.2系统。
     •1.7GHzプロセッサー、2GB RAM。
     •両核ARM Cortex-A15チップ。
     •500万ピクセル、後にカメラを置いて、190万の前でカメラを置く。
     •電池の容量は9000ミリアンペアに達して、連続9時間ハイビジョンのビデオを放送できる。
     •重さ:604グラム。
     •前後は1つずつNFCのチップ。
     
     この10インチのフラットパネルの価格は16GB/399ドルで、32GBは499ドル、11月13日に正式に発売する。今回のNexus 10の最大の変化はマルチユーザーを支持する。あなたは自分のGoogleアカウントで登録を行うことができて、個性化のトップページ、Appなどできる。

Lenovo北米高官:Windows RTフラットパネルが300ドルから売る見込み


    今日、北米の業務の責任者David Schmoockによると、Intelチップを搭載したWindows 8 フラットパネルの売価は600から700までドルで、ARMチップを搭載したWindows RT フラットパネルは 200から 300までドル安くなる。つまり、Windows RT フラットパネルの売価が恐らく300ドルだかもしれない。競争力の価格はRTにとってフラットパネル市場を占領するのは極めて重要だ。

    確かに、売価300ドルの10寸のWindows RTフラットパネルはアップルの499ドルのNew iPadに大きい衝撃だった。でも、Android陣営の中に7寸のフラットパネルNexus7 199ドルのレベルに達したいならば、Windows RTはたぶん無理だ、この前の話から、Windows RT のOEMメーカーはマイクロソフトに一台ごとに85ドルの授権費を支給しなければならない。

Google 7寸のフラットパネルは6月に出すそうだ

      事情を知っている人によると、GoogleとASUSTeKの協力で研究と開発した7寸のタブレットPCは6月に商品を出すことを計画している、初期は約60万台を出すそうだ。

      Googleは元々5月に入門級AndroidのタブレットPCを発表することを計画している、しかし、設計とコストはこのフラットパネルの研究開発スピードを下げて、そのため、最後に7月まで正式に発表する。

      現在、7寸のタブレットPCの領域の中で最も激烈的にを競争するのは明らかにAmazonとサムスンで、両者はすべて下半期に新しいバージョンを出すことを計画している。Googleの入門級のAndroidフラットパネルはただその他のAndroidフラットパネルと競争、iPad消費のランクに対していかなる脅しを構成することはできません.

インテルWindows 8フラットパネルは11月に販売するかもしれない

    CNET報道によると、インテルのチップを採用したWindows 8タブレットPCは今年11月に小売店に入る見込みがある。Windows 8は新OSだけではなくて、また4か5モデルの構築のプロセッサーを支持する:3モデルのARM、インテルとAMD構築。

    Windows 8の製品はフラットパネルPCだけではない、総計の設計の中で、50%は製品を混合するかもしれない、畳める製品だ。これらの設計は伝統の物理のキーボードのノートとタブレットPCの設計元素を統合する。

Googleフラットパネルは遅らせて7月に発表して、設計を調整して売価が249ドルより低い


   事情を知っている人は、GoogleはタブレットPCの市場に衝撃する第一個のAndroidのフラットパネルの設備は、遅らせて7月初めに発表する。Googleチーム計画がこのフラットパネルの設計に対して改正を行う、彼らはもっと多い時間が調停しなければならなくて、同時に価格が現在の249ドルより低い望んでいる。

  これはASUSTeKと共同で出すタブレットPCが7寸のスクリーンとNvidia Tegra 3 4核のプロセッサーを配備した、Wi-Fiを通じてネットをつながるしかない、同時にAndroid 4.0OSを配備して、売価が249ドルだ。

Amazonは7インチKindle Fire和と10インチKindleのフラットパネルを発表、8.9インチのフラットパネルを取って代わり


   あるニュースによると、Amazonは今年下半期に二つのタブレットPCを発表する予定だ。それは7寸のKindle Fireと10寸のフラットパネルだ。以前の噂8.9インチKindle Iceについて、今度の10寸のフラットパネルは取って代わる。

   Amazonは2011年の第4四半期のKindle Fireの出荷量が398万台になって、全世界のフラットパネルの出荷量の14%を占めて、市場占有率は第2にだ。Kindle Fireは強い販売する情勢のために、Amazonは電子書籍のビューワーからタブレットPCに変わってきた。そして、下半期に新しい10インチのタブレットPCを出すことを計画して、8.9寸のフラットパネルを取って代わる。

ネルソン:フラットパネルを持つ米国の家庭で、70%の子供はタブレットPCを使え


 タブレットPCは高速に普及する伴う、米国の電子の新入生の子供が急速に増加した。ネルソンの最新データによると、第4四半期に米国がタブレットPCを持つ家庭で、タブレットPCを使った子供は新記録の70%を達成した。第1四半期に比べて9%を増加した。彼らはタブレットPCを先生、家政婦として一緒に遊ぶ。
 訪ねられた家庭の中で、77%のは彼らの子供がフラットパネルの上でダウンロードしたゲームを遊ぶって言った、57%のは子供がフラットパネルの上の教育APPを通じて知識を得に来るって言った。小型の物ですが、55%の子供が旅行で、41%の子供はホテルでタブレットPCを使えるから、家庭が外出して旅行する時、子供達はよく静かさに見える。また、43%の子供はテレビ番組を観覧するとか映画を見るとか、家庭あるいは友達と疎通するのは15%だ。