ノキア映像部門の主管Damienは退職して、N8、808のPureViewとLumia 920の撮影技術の研究開発を主導した

  ノキア映像部門の主管はDamienは近日退職する。Damienは以前Nikonで働いた、ノキアに来た後、三つの最も先進的な撮影技術の携帯電話をを担当した、ぞれぞれはNokia N8、808、PureViewとLumia 920だ.ノキアのビデオカメラとピクチャーの処理技術はずっとその他の携帯電話メーカーがに及ばない、この優位は変化期にノキアの差別化の戦略に対して重要な意味を持っている。

  ノキアは、ノキアのフィンランド本部の“肝心な戦略の役の調整”のために、Damienは自らを離れると言った。

ノキアは正式にiOS版地図の応用Hereを出して、Google Mapsに負けてアップルの地図に勝つ

   ノキアは今日正式にiOS版地図の応用Hereに出して、無料のturn-by-turnのナビゲートサービス、公共交通が乗り換える情報と交通の状況の報道を提供する。HereはいくつかGoogle Mapsに及ばないが、アップルの自分の地図サービスより精確で適切だった。

   Here応用地図のデータは以前ノキアに買い付けされたNAVTEQから来て、HTML5技術に基づいて作り上げて、オフ・ラインのオフ・ライン機能を支持して、未来、更に3D機能をアップグレードする。

Windows Phone 8発表会の前夜に、ノキアはWP 8携帯電話Lumia 822を発表

      マイクロソフトのWindows Phone 8発表会が正式に始まる前に何時間に、ノキア政府はWP 8携帯電話Lumia 822を発表した。現在価格と発売時間はまた公表していないで、今晩のWP 8発表会の上で多く詳しい細部を公表と予想している。

      オフィシャルサイトから公表した情報によって、その配置は次の通りだ。
      •無線に充電を提供する。
      •800万ピクセルは後でカメラを置いて、120万ピクセルは前でカメラを置く。
      •LTEネットを支持する。
      •4.3インチのスクリーン。
      •両核の1.5GHzのSnapdragon S4プロセッサー。
      •電池は1800ミリアンペアだ。
      •1GBのRAM。
      •16GBのメモリ、micro SDを支持して64GBまで拡大する。  
      •ブルートゥースの3.0とNFCを支持できる。  

ノキアMeegoシステムの中でAndroidアプリケーションを稼働するとJollaは言った

多くの人々から見ればMeeGoは優れたシステムではあるが、WebOSと同じ運命に遭ってしまった。しかし、七月ごろからノキアMeeGoチームの中心人物であるJussi Hurmolaはノキアに捨てられたこの優れたシステムを救えるためにJolla創業会社を創立した。
ところが、最近になってJolla CEO Jussi Hurmolaは、真新しい応用エコシステムを創建するつもりはなく、ACL技術を使ってMeeGo携帯の中でAndroidアプリケーションを稼働し、延いてはHTML5とQt(ノキア本来のソフト開発フレームワークの一つ)プログラムの稼働も可能になると言う。
当然ながら、Jollaのやり方にも理由はあった。OpenMobileのACL技術は一年前に既にMeeGoを支持していて、これも結構いい方向かも知れない。Jollaは今年の年末に新しいMeeGo設備を発売し、d. phoneと協力して中国で販売する予定である。

ノキアとマイクロソフトの政府招待状:Windows Phone 8は9月5日に正式にを発表

    最近Windows製品についてのニュースはしきりに出て、マイクロソフトSurface RTフラットパネルの売価は199ドルだけを出たばかり、ノキアのCEOは間もなくWindows Phone 8設備を発表することを公言した。今日メディアから受け取る招待状を見ると、Window Phone 8設備が9月5日に正式に発表するかもしれない。

  上図はノキアとマイクロソフトがメディアに誘って9月5日午前の9:30ニューヨークの1つの発表会の招待状だ、図の中で明確に表示してWindow Phoneを付けて、同時にある1つのWindows Phone 8の上で重要な機能の中の一つのノキアの地図だ。

ノキア上層部の話、iphoneより優れた革命的携帯開発中、涙携帯の出品?

    長い間、“iphone killer”と言う言葉を聞いていないけど、今度あるノキア上層部員から再びこの話題が引き出され、今開発中の携帯によって他のすべてのスマットフォンが時代遅れのものになると言う。

  また、その携帯電話の革命的なところを強調するために、その上層部員はiphoneを単独に引き出して、iphoneは“デザインが最悪だ”、“キッチンから食堂室まではいつも前門を通るべきだ”と表示し、それ以上の情報は出していない。

  私が思うには、その上層部員の言う新型携帯電話の主な特徴は多分デザイン上での革命的創新だと思う。前に、ノキアはオリジナリティーの涙形のコンセプト携帯を出したことがあるけど、もしかすると、その上層部員は涙携帯の出品を暗示しているかもしれない。

ノキアは5月末にメディア共用サービスOvi Shareを閉めて


   ノキアは、5月末にOvi Shareを閉める。これはノキアの重点を移転して業務に上がってくることに役立つと宣言している。
 
   Ovi Shareはノキアが出したメディアの共有ネットのサービスで、ユーザーに写真、音楽、ビデオなどの内容をアップロードして保存することを許して、そして、外鎖を支持できる。

   ovi.comユーザーは今http://share.Ovi Shareを登録できる。そして自分の全部あるいは一部分の内容を梱包してダウンロードする。計画の通りで、3月13日にOvi Shareがアップロードサービスを閉め始めて、5月30日はユーザーのダウンロードの内容の最後一日で、5月31日にOvi Shareサービスは正式に閉める。

ノキアは2011年6月にLocationとCommerce業務部を創立して業務の戦略の核心になって、Nokia Transport、Nokia Drive、Nokia Mapsなどのサービスに基づくことを提供した。
 
     

秘密の真相:ノキアの4100万画像の携帯電話は五年の苦労をした


  賞賛といい毀誉といい、今日、ノキアの4100万画素の携帯電話の808 PureViewは全世界の注目をあびた。しかし、あなたはたぶん分からない、このように超高ピクセルの光学ズームを小さくて愛くるしい携帯電話に入ることができるために、ノキアはこのプロジェクトに対して5年の苦労をした。

  この携帯電話について、たくさんの人が一つの電話をかけできるカメラだけだと評論しいた。でも、広く批判されたのはノキアが意外にこの機械の上でSymbianシステムを採用して、未来の望みWPではない。

  最後、私は、人々はどのようにこのスーパーピクセル機械に対しての評論のいかんによらず、ノキアはこの携帯電話をお蔭で、再度人々の議論する焦点になって、人々はまたノキアを議論していてさえすれば、ノキアのブランドは依然として存在している。これは4100万画素が初めてSymbianシステムの上に最も重要な使命だかもしれない。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               再度人々の議論する焦点になって、人々はまたノキアを議論するのでさえすれ(あれ)ば、そんなにそのブランドは依然として存在します。これはもしかすると4100万画素が初めてSymbianが系統的な上に最も重要な使命が現れるのです

ノキアは4100万画素のスーパー携帯電話の808 PureViewを発表、売価が450ユーロ

   ノキアは全世界モバイル大会で4100万画素のスーパー携帯電話808 PureViewを発表したばかりだ。

  
この携帯電話の詳しい配置:Symbian Belleシステム、1.3Ghz単核のチップ、4寸のスクリーン、512RAM、16GBのメモリ。
 
   
5月にヨーロッパで販売する予定、価格が450ユーロだ。

ノキアLumia 610の規格価格が漏らされた、3.2インチのスクリーンを配置、価格が175ユーロ


   私達はずっと前、ノキアのローエンドのスマートフォンLumia 610を聞いたが、一度も会わない。みんなは、ノキアが間もなく全世界モバイル大会でこの製品を発表するつもりことを知っている。しかし、これが間もなく発表する時、科学技術のメディアBGRは、信頼できるニュースルートからいくつかの肝心な規格と詳しい価格を知っていた。

  Lumia 610は3.2寸のスクリーン、300万画素のカメラを配置していた、同時にWindows Phone Tangoシステムを搭載するつもりだ、そのため、256MBの RAMを配置することを予想しているが、まだ不確定だ。Lumia 610は真っ先にインドで発売して、価格は11000インドのルピー(約175ユーロ、1415元の人民元)

  ノキアはLumia 610を発表する、同時に全世界版のLumia 900を発表する予定だ。