米国は選挙の夜にニュースのウェブサイトが大幅に遅くなる


     今週、米国の大統領の総選挙はついに結論が出って、オバマが再任を獲得した。民主的な共和の2党は競争が激化して、ネットのそれぞれ大きいニュースのウェブサイトの報道の大戦も白熱化になった。ウェブサイト性能監控サービス・プロバイダYottaaはそのデータの分析を通じてニュースの大戦の結果を提供した。

     この会社が選挙の前夜にNBC、ABC, CBS News, Fox News, CNN, the New York Times, the Washington Post, Politico, C-SPANなどのニュースのウェブサイトはおよびTwitter、Facebookに対して監視した。ブラウザーのほうはマイクロソフトIE9を採用した。5分ごとにそれぞれ大きいウェブサイトを監視し訪問を行って、それからウェブサイトをクリックした後の経歴は記録されていた。

      結果監視は選挙の進めることに従って、いくつかのウェブサイトのロード時間は珍しく遅くなることを発見した。