Facebookは正式にナスダックをログインして、寄り付き値が42.05ドルだ


ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、Facebook株券は正式にナスダック取引所で取引を発売して、寄り付き値は42.05ドルで、発行価格に比べて13%を上昇した。以前、Facebookの発行価格は38ドルに決めた。

    Facebookが発売した後に、時価はその他の10社の科学技術の巨頭の時価の総計より更に高い。それは:eBay、Yahoo、Groupon、LinkedIn、Netfix、IAC、AOL、ZyngaとPandoraだ。

  
    以前は、2度は取引を始める時間を遅らせて、ナスダックはFacebookが取引に延期されたって言った、アンダーライターは主要な原因が小口の投資家の買い値があまりに大きいことをを釈明していた。

ピクチャーがFacebookのIPOの意味を教えてやる

Zuckerbergがナスダック開場のボタンを押したことで、Facebookは正式にナスダックに登録し、千億ドルレベルの上場会社となった。一株当たり38ドルの上場価格で、その融資は160億ドルに達する見込みである。FacebookのIPOが一体何であるのかは歴史上のほかの会社IPO時のデーターと比べて見れば分かるようになる。年代が違い、あまり比べものにはならないかも知れないけど、結構大きな参考価値がある。

GoogleとマイクロソフトIPOとの対比

Facebookの二次市場での状況

ほかの科学技術会社と比べたFacebookの価格表現

過去4年間、二次市場の取引額が大幅に上昇

Facebook正式にナスダックに登録、開場価格は42.05ドル(更新)

ウォールストリートジャーナルの報道によりますと、Facebook株式は正式にナスダック取引所でフロアブローカーし、開場価格は42.05ドルで、発行価格に比べると13%上昇している。この前、Facebookが確定した発行価格は38ドルである。

Facebookが上場してから、その市場価格はほかの十個の科学技術巨頭の市場価格の総額よりも高い。十個の科学技術巨頭とは、eBay、Yahoo、Groupon、LinkedIn、Netfix、IAC、AOL、ZyngaとPandora。この前、二回も開場時間を遅延してしまい、アンダーライターの説明によると、その主な原因は小口投資者の過大な買収注文にあるとナスダックは言った。

今回、Facebook IPO(最初公開株式募集)定価は38ドル、取引コードネームは“FB”、4.2億の株を発売し、その融資規模は160億ドルに達している。この発行価格で計算すると、Facebookの評価は既に1040億ドルに達していて、アメリカ会社の最高上場評価を記録した。

アンダーライターが6300万株の超過配当権を持っているため、Facebookの上場融資額は184億ドルに達する見通しである。この数字はGoogle2004年上場するときの20億ドルを遥かに超えていて、全世界で最大規模のインターネット会社上場行動となった。以下は歴史上インターネット会社IPOの対比である。

マイクロソフト、Googleと現在のFacebookを比べて見ると、以下のような状況である。

上場してまもなく、Facebookの株式は発行価格の38ドル左右に下落し、同時に、LinkedInZyngaPandoraGroupon等の科学技術の株も下落している。比べてみたところ、Facebookの当前市場価格は1080億ドル、Amazon市場価格は968億ドル、Google市場価格は2030億ドル、マイクロソフト市場価格は2460億ドルである。アナリストの発現によると、Facebookの合理的株価は31ドル左右であるべきだ。

更新:ウォールストリートジャーナルは何分後に開場数字を42.05ドルに修正した。