アメリカのデジカメ音楽販売量は初めて実体音楽を超えた、全音楽の50.3%を占めた


    昨日、Nielsenは《The Nielsen Company&Billboard’s 2011 Music Industry Report》を発表した、それは2011年にNielsenとBillboard 音楽の産業報告だ、この報告により、アメリカのデジカメ音楽販売量は初めて実体音楽を超えた、全音楽の50.3%を占めた。
    2011年、音楽市場の総売上高は16ドルを突破した、史上の最高記録を更新した。その中で、デジカメ音楽の売上高は12.7億ドルだ、去年に比べて一億を超えた、8.4%を増えた。実体音楽の売上高は2.28億ドルだ、去年に比べて5%を下げた。
    また、アルバムの販売量は2004年以来初めて増えた、2011年の総売上高は3.3億ドルだ、去年の3.26億に比べて1.3%を増えた。CDアルバムを下げたけれども、デジカメ音楽のアルバムは19.5%を増えた、売上高は一億を達した、これも世界で最高記録だ。
    意外の事はアナログレコードの売上高は390万ドルを達した、2010年に比べて36.3%を増えた。