調査によると、18~29歳人ごみで、90%はスマートフォンと一緒に寝る

  Online Psychology Degreeは最近、一つの調査を行った、18-29歳の人ごみで、90%ぐらいの人はスマートフォンと一緒に寝る。
   
  データを見ましょうか?。
  3人の中にむしろ夫婦生活を放棄して携帯電話を選べても一人がいる。
  95%の人は眠る前、携帯電話を使う(ホームページを見る、ビデオを見る、あるいはショートメッセージ)
  もし夜に目が覚めるならば、半分の人はすぐに携帯電話を見る。
  1/10の人は、毎週携帯電話のショート・メッセージ、メールあるいは電話のために、何度も目が覚めると言った。

マイクロソフトはこっそりと自分設計のスマートフォンをテストしている


     先月の初め、マイクロソフトは今年にオリジナルブランドのWindows Phoneを出すことはできないと表したことがある、これがこの会社の用意計画になるかもしれない。事情を知っている人によって、現在マイクロソフトは部品の供給商と自分のスマートフォンをテストしている事はウォール・ストリート・ジャーナルに漏らしていた。

     マイクロソフトの部品の供給商の1人の官吏は、彼らは1モデルのスマートフォン設計をテストして、しかし量産できるかどうかとは不確定だ表している。同時に、テストしている携帯電話のスクリーンは4~5インチある。

     この事は、このソフトウェアの巨頭はますますアップルが採択した商業モデルを愛顧すると表明するようだ。つまり自分で組み合わせてセットにするソフトウェアとコンピュータ、携帯電話のなどハードウエアを設計して、これらの製品に更に競争力を持っていることを望んでいる。

サムスンGalaxy Beamのスマートフォンはプロジェクター機能を内蔵 


  最近、私たちは見ていたスマートフォンとフラットパネルが、外観にしても配置にしても大同小異だった。現在、サムスンは新しい物を持ってきた。
 
  VentureBeatからのニュースによると、サムスンは全世界モバイル大会でGalaxy Beamという面白い携帯電話を発表する予定だ。なぜ面白いと言うのか、プロジェクター機能を内蔵したけど。

  その他のハードウエアから言うと、Galaxy Beamただ伝統Androidスマートフォンだった。それは4寸のスクリーン、1.0GHz両核のプロセッサー、Android 2.3システムを搭載した。

  実は、本当のスポットライトはプロジェクターを内蔵したことだ。サムスンは、このプロジェクターが50寸のハイビジョンの画面を投げ出せて、光度は15ルーメンまで達した。あなたがそれを使って写真、ビデオ、ゲームを投影できる。

スマートフォンとタブレットPCが年末にUSB 3.0サポートできる見込み

USB標準制定組織は「2012年末、2013年初にUSB 3.0ポートはスマートフォンとタブレットPCに入る」と発表した。

理論的にいえば、データ転送速度は625MB/Sほど、USB 2.0最大データ転送速度より10倍高い。USB実施掲示板のCTO Rahman Ismail氏によると、モバイル設備でUSB 3.0技術に基づいてMicroUSBポートを取り付けるかも知れない。モバイル設備でのUSB 3.0はそんなに速くなくても、現在よりずっと速い。

「前に15分かかったら、今110秒しかかからない。」とIsmailは言った。とともにUSB 3.0ポートを通じて、充電速度も速い。

via 1,2 & Image

 

サムスン、来年2月 Galaxy S IIIを発売、3D技術を搭載したスマートフォンGalaxy S 3Dも発売かも

韓国メディアETNewsによると、サムスンが来年2月に「Mobile World Congress」でGalaxy S IIIを発表する可能性がある。早ければ来年第2四半期に発売できる。iPhoneと分かれるため、Exynos4コアCPUを用いて3D技術を搭載したそうだ。

Galaxy S IIIだけではなく、初めての3DスマートフォンGalaxy S 3Dを推進する見込がある。Galaxy S 3Dは普通の3D機能を抜いて、3Dテレビと3Dゲームなども接続できる。Galaxy S 3Dは来年第2四半期に発売する見込みがある。

via TNW