アップルの宇宙船の事務室は2016年に延期する

   スティーブ・ジョブスはアップルに携帯電話、iPadなどの製品を残っただけではない、またアップルのために1つとてもクールで宇宙船みたいオフィス・ビルの計画を立てた。でも、最近、アップルは、当計画は2015年に完成する予定の事務室が2016年の中期に延びないわけにはいかない、原因はいくつか計画を改正したと表していた。

   アップルのタイムテーブルはもう再び行政部門の審査許可に手渡して、彼らは一つの176エーカーのオフィス・ビルを製造することを望んで、しかし行政部門は来年6月に審査許可を完成できる。、つまり、アップルは2014年に施工を始めるかもしれない。

アップルの“飛行船”の本部の最新の細部は漏らした


 

    去年6月、スティーブ・ジョブスはCupertino市会議にアップルの“飛行船”の本部計画を押し売りした。近日、アップルの新本部の都市Cupertinoは今日飛行船本部の多い細部を公表した。新しい本部は4層を合わせて、約280万フィートを占めて、同時に1.3万人の従業員を収容できる。

    アップルは新本部で喫茶店、レストラン、フィットネスセンターと1000人を収容できる超大講堂建立することを計画している。それ以外に、30万フィートの科学研究センターは本部の近くに建設するはずだ。

   本部の必要のエネルギーは主に1つの低炭素センターから提供して、それ以外に、太陽エネルギーも重要なエネルギーだ。