サムスンGalaxy Noteの販売量は200万を突破、今年年末1000万を計画


    サムスンは今日、四ヶ月前出したGalaxy Noteは、全世界の販売量が既に200万を突破したと公表した。Galaxy Noteは去年10月に最も早くアジアで発売して、11月にイギリスで発売して、今年2月19日にやっと最後に米国市場を上陸した。

    また、サムスンは今年年末に1000万冊のGalaxy Noteを販売するつもりだ。何日の前に、サムスンは10.1インチのGalaxy Noteを出し、Android 4.0のシステムを運行する上で、S Penタブレットのペンを添えた。

    Galaxy Noteがどんな振る舞いがあるかな?楽しみにしている。

サムスンGalaxy S III完整パラメーターは漏らされた

  先週、サムスンの次代の携帯電話Galaxy S IIIについてのニュースは止められない。以前、サムスンはGalaxy S IIIが開催MWC大会で発表することを有り得ないって言った、しかし、この携帯電話に関しての詳しい情報を漏らされた、それは本当にほかのスマートフォンの風采を奪った。

  下記は漏らされたGalaxy S IIIの全部情報だ。
 サムスンは自分で1.5 開発したGHz Exynosプロセッサーを搭載した。
 Android 4.0システム。
 4G LTEネットを支持できる。
 陶磁器の後ろ蓋。
 4.8インチのハイビジョンの1080pスクリーン、スクリーンの縦横割合は16:9。
 前200万画素のカメラを置いて、後ろ800万画素のカメラ。

 
  プラスチックとアルミニウムは携帯電話としての主流材料の状況で、サムスンが陶磁器を採用したGalaxy S IIIはすっごく革新性を備えた、陶磁器の材料は触りが素晴らしくて丈夫だ、また、環境の保護に対していい。それ以外に、陶磁器を採択してした後にアップルの訴訟を避けた。

サムスンは10.1インチGalaxy Noteを出し、Android 4.0システムとS Penの手書き筆

   MWC大会の前夜に、サムスンの7インチのGalaxy Tab 2フラットパネルと10.1インチのGalaxy Tab 2フラットパネルは、および投影機能のGalaxy Beam携帯電話は既に相前後して公表した。今日、サムスンはMWC大会でまた10.1インチのスクリーンGalaxy Noteを出して、それは以前の5.3インチのGalaxy Noteに比べて1倍ぐらい大きくなった。

   サムスンが10.1インチのGalaxy Noteがモバイル携帯電話、フラットパネルとデジタルのメモ帳の一体化だった。それはS Pen手書き筆を添える上で、前代と同じのタッチコントロールの手書きの体験を持っている。

   下記はこの新しい機械の配置だ。
   Android 4.0システム、Touchwizユーザー・インターフェース、1.4 GHz両核のプロセッサー、1GB RAM、
   2つのカメラ(後300万画素のカメラ、前200万画素のカメラ)
   10.1インチスクリーン、重さが583g、S Pen手書き筆、
   16GB、32GBと64GBの3つの版があって、microSD拡張スロットがあり
   ブルートゥース3.0、HSPA+のネットとWiFiを支持
   

   この設備は今年5月真っ先にスウェーデンで発表して、売価の790ドル

サムスンGalaxy Beamのスマートフォンはプロジェクター機能を内蔵 


  最近、私たちは見ていたスマートフォンとフラットパネルが、外観にしても配置にしても大同小異だった。現在、サムスンは新しい物を持ってきた。
 
  VentureBeatからのニュースによると、サムスンは全世界モバイル大会でGalaxy Beamという面白い携帯電話を発表する予定だ。なぜ面白いと言うのか、プロジェクター機能を内蔵したけど。

  その他のハードウエアから言うと、Galaxy Beamただ伝統Androidスマートフォンだった。それは4寸のスクリーン、1.0GHz両核のプロセッサー、Android 2.3システムを搭載した。

  実は、本当のスポットライトはプロジェクターを内蔵したことだ。サムスンは、このプロジェクターが50寸のハイビジョンの画面を投げ出せて、光度は15ルーメンまで達した。あなたがそれを使って写真、ビデオ、ゲームを投影できる。

サムスンは10.1インチのGalaxy Tab 2を出し、Android 4.0OSを運行


  全世界モバイル通信大会の前夜に、サムスンはスピードアップをした。先週7インチのGalaxy Tab 2フラットパネルを出した後、サムスンは今日再度10.1インチのGalaxy Tab 2フラットパネルを出した。

  下記はGalaxy Tab 2の規格配置だ。
  Android 4.0OS、Touchwizユーザー・インターフェース
  10.1インチのスクリーン
  1GB RAM
  1 GHz両核のプロセッサー
  後300万画素のカメラ、前VGAカメラ
  機体の厚さは9.7ミリメートルで、重さは588グラム
  7000mAh電池
  16GBあるいは32GBのメモリ
  ブルートゥース3.0、HSPA+ネットは、GPS、WiFi、microSDを支持

  現在、このフラットパネルの売価がまだ分からない。サムスンの話から、10インチのGalaxy Tab 2と7インチのGalaxy Tab 2は来月イギリスで真っ先に販売する。次世代Galaxy Tabは2GHz両核のプロセッサーを搭載して、スクリーンの解像度は2560×1600をできる。

サムスンGalaxy S IIIは4.8インチのスクリーンを搭載し、バックカバーの材料は陶磁器を使って


   サムスン1Galaxy S IIIは4.8インチのスクリーンを使うつもりだ。それ以外に、携帯電話のバックカバー材料は、伝統的なプラスチックの外側ではなくて、陶磁器だ。これはサムスンにとって初めてですね。

  事実上、サムスンは第一社陶磁器を使ったメーカーでなない、Galaxy S IIIも第一モデル陶磁器を使った携帯電話ではない。以前、Vertuはこのような材料を使ったことがある。この材料が携帯電話を更に軽くなれるからこそ、サムスンは陶磁器を使った。

  ほかのGalaxy S IIIの噂:800万画素の後カメラ、200万画素の前でカメラ、スーパーAMOLED(能動的なマトリックスの有機発光ダイオードのパネル、速いスピードがある、コントラストがもっと高い、視角がすっごく広い) スクリーンを強化、Android 4.0 、2GBのメモリ、4G LTE ネットを支持。

サムスン「Galaxy S II」の販売量は10ヶ月だけ既に2000万冊を突破した


  サムスンによると、Galaxy S IIが10ヶ月だけ発売して、携帯電話は全世界での販売量が既に2000万冊を上回って、サムスンの歴史で最も人気がある携帯電話になった。
  2000万冊の携帯電話の販売量から見ると、Galaxy Sに比べて、Galaxy S II少なく7ヶ月の時間を使った。Galaxy SとGalaxy S IIの二つの携帯電話の総括的な販売量は既に4000万冊を上回した。
  去年の10月まで、Galaxy SとGalaxy S IIは全世界で総括的な販売量は3000万冊に既に達して、その中は1000万冊のGalaxy S IIを含んで、この携帯電話もサムスンの携帯電話で速い販売する新記録を創造した。Galaxy S IIは急激に販売しているが、Galaxy Sの販売のスピードは既に明らかに緩めることを始めた。

サムスンが7インチの新タブレットGalaxy Tab 2をリリース

 

 

 今日、サムスンが正式的にタブレットGalaxy Tab 2をリリースした、サイズは前のGalaxy Tabと同じぐらいだが、Android 4.0システムを行う。

下記はGalaxy Tab 2のマウント詳細:

1GHzデュアルコア

Android 4.0システム

1GB RAM

7インチWSVGAスクリーン

300万解像度カメラ、VGA前置きカメラ

HSPA+サポート、WiFiサポート

4000mAh電池

16GBまたは32GBメモリー

10.5mm

ブルートゥース

TouchWizインターフェース

via Sammyhub

テレビのリモコンと別れた、サムスンは現場でSmart Interaction動画を試演した

告别电视遥控器,三星现场视频演示Smart Interaction _ 36氪

サムスンにより、cesでハイエンドテレビがSmart Interaction技術を整合する予定だ、使用者は音声を借りるや手振り操作を通じてテレビを制御できる。、Smart Interaction技術は三星(サムスン)の自主開発の音声や手振り認識のソフトだ、スクリーン上部のカメラとマイクを通じて運行する。
メニュー、音声、ボリューム、静粛、開/関など支持できる。
    それでは、動画の試演を見てください。

サムスンはCESで2代のChromebookを発表した——超薄い、CeleronのCPU

1代のChromebookと比べると、今回のCES大会で展示した2代のChromebookはデザインでよく変わった。外殻はMacbookのようなアルミニウム製の外殻で1代よりずっと薄い。そして、外観の変化のほか、中身のCPUも変わった。1代のIntel Atomと違って、Celeronを取り入れた。

1代の販売量に対して、サムスンとGoogleは応じなかった。売り上げが低いと推測せざるを得なかった。一番の原因は価格と指した人が多い。2代の価格はまだできなかった、今回はどうですか?

Via CS