サムスンは第3四半期LTE携帯電話の端末の市場を統治して、第2位のアップルの底力が十分だ

   市場分析機関Strategy Analyticsの最新報告によって、サムスンは第3四半期に全世界LTE設備の市場の分け前で依然として首位に位置して、40%(前の四半期に比べて10.9%下落する)だった。今年9月に第一部LTE携帯電話(iPhone 5)のアップルに26.7%の市場占有率を占めた。

   LTE端末の余剰の市場占有率はその他の韓国携帯電話メーカーに統治された。最近Optimus G LTE設備を発表したLGは9.1%の市場占有率(第2四半期が15%)をもらって、もう一つの韓国会社ー泛泰は5.8%もある。モトローラの市場占有率は第2四半期の15%から6.7%まで落ちた。

comScore:サムスンは米国の最大のモバイル設備の生産会社で、アップルはLGを超えて第2位になる

    市場分析会社comScoreの報告によると、10月、米国のモバイル設備の市場は回新しい変化が現れた。サムスンは引き続き第1位で、第2位はLGをアップルに替えた。

上表によると、サムスンはしっかり自分の地位を守るだけではなくて、7月に比べて、10月の市場占有率は0.7パーセントを増加した、アップルは更に1.5パーセントを増加して、LGの第2位置を奪った。後3位LG、Motorola、HTCの市場占有率は下がった。

サムスンはGalaxy Note Ⅱ販売量が500万に達して、近日24日、200万台の商品を出したと宣言した

   サムスンは、Galaxy Note Ⅱの販売量は既に500万台を突破して、最近の24日の商品出荷数量は200万台を達したとそのオフィシャルサイトで宣言していた。

   Galaxy Note IIは8月末に正式に発表して、9月末に正式に販売して、Android 4.1Jelly Bean システム、5.5インチHD Super AMOLED スクリーン、1.6GHz 4核 Exynos プロセッサーを搭載した。

   上場前の37日、300万台の販売量の業績をもらった、このスピードは前世代の3倍で(前世代Galaxy Note2ヶ月でやっと100万台の販売量に達した。)

iPhone 4SはQ3全世界の販売量のチャンピオンの玉座を失って、サムスンGalaxy S3は引き継ぎ


    この前、サムスンの旗艦型Galaxy S3の販売量が3000万台を突破した。今日市場研究機構Strategy Analyticsの研究報告によると:2012年の第3四半期、サムスンGalaxy S3全世界の販売量はiPhone 4Sを上回り、最も人気がある携帯電話の光栄の玉座を座った。

    iPhone 5を出すために、人々はiPhone 4Sを買う願望は下がって、iPhone 4Sの出荷量はGalaxy S3より多いだ。iPhone 5は第3四半期600万台販売して、全世界のスマートフォンの市場占有率の3.6%を占めて、その上iPhone 4SのシェアがGalaxy S3より少し高いだ。

    もちろん、今年第4四半期に、iPhone 5はGalaxy S3を越えることができて、全世界の最も人気がある携帯電話の玉座を奪回すると予想している。しかし、Android市場の上でNexus 4のような優秀な型はだんだん多くなって、アップルが最も人気がある携帯電話の地位を守るのは難しいだ。価格の上で、Android携帯電話は基本的で4000元以下で、iPhone 4Sは4000元以上、iPhone 5もっと高いだ。

Galaxy Note II販売量は1月に300万冊を突破した後に、サムスンGalaxy S IIIは近い2月販売量が1000万に達し


       昨日、サムスンはGalaxy Note IIが37日を発売して販売量が300万冊を突破することを公表した。公表の情報は今日それにAndroid生態で先頭地位を閉じ込めて再度はっきりと現れさせた、GSMArenaニュースによると、サムスンはGalaxy S IIIの総括的な販売量が3000万まで達したことを宣言して、近い2月に販売量の1000万冊が新たに増加した。

       この旗艦の型Galaxy S IIIはサムスンのから今年5月4日に正式に発表して、Android 4.0系統、Exynos4核のプロセッサー、4.8インチのPenTile Super AMOLEDスクリーン、厚さの8.6ミリメートルををを搭載した。5月末に正式に売る後で、2ヶ月の時間に、その販売量は1000万台を上回った。9月に販売量が2000万冊まで達した後で、サムスンは今年年末の前に3000万を突破すること公言して、この数字は今のところ早めに完成させた。

サムスンは8月29日にGalaxy Note を出すことを決めた


     あるニュースによると、サムスン政府は既に今月末に次世代Galaxy Noteに出すことを承認して、具体的な時間は8月29日で、ベルリンSamsung Mobile Unpacked大会だ。  

     iPhone 5は9月12日に出すかかわらず、サムスンはGalaxy Noteと次世代iPhone直接な競争を譲りたいので、そして、製品が発表する上に先行チャンスを占領する。

     次世代Galaxy Note Ⅱは絶対に期待する値打ちがある、それは現在手書き入力に対して最も良いモバイル端末だ。

サムスンは、今年11.8インチの“P10”というタブレットPCを出す予定

    サムスンは11.8インチの“P10”というタブレットPCを開発している。このタブレットPCは11.8インチで、2560 x 1600の解像度、網膜のスクリーンを備える。

    アップルは今年出したiPadが網膜のスクリーンを持って有名だ。世界で最大のLCDとAMOLED供給商としてのサムスンは、自分の設備の中で網膜のスクリーンを導入しても当たり前でしょうか?

    今年の8月中旬、サムスンはニューヨークで発表会を開催するそうだ、あるニュースによると、サムスンはその時に新版Galaxy Note 10.1を出すそうだ,11.8インチのフラットパネルは出すかな?私達は期待している。

サムスンGalaxy S III今日は28の国家で正式に販売した、7月に145の国家を覆う予定


     サムスンは、外部の期待を受けるサムスンGalaxy S III今日は28の国家で正式に販売した、ヨーロッパと中東を含む大部分の国家は、今年7月まで、携帯電話の販売範囲は全世界の145の国家を覆って、携帯電話キャリアは296社まで達するはずだと今日正式に宣言していた。

     Galaxy S IIIの詳しい情報に関して《サムスンGalaxy S IIIが正式に(詳しいパラメーター)を発表する》を参考にすると、上述の言及する配置の以外、Android版Flipboardは独占でGalaxy S IIIを支持できるはずだ。

     現在、Galaxy S IIはAndroid生態系の中での市場占有率は10%まで達した、もしGalaxy S IIIはGalaxy S IIと同様にいい振る舞いがあることができるならば、それでは、サムスンはアップルとの競争の中でまたもっと1枚の切り札があるね。

アップルとサムスン、 携帯電話の産業の99%利潤を占めた

2012年、携帯電話メーカーの中で誰が金を儲けたか?解答は3社しかない:アップル、サムスンとHTC。有名な分析のウェブサイトAsymcoのHorace Dediuの統計したでーたによると、アップルとサムスンは携帯電話メーカーの利潤の99%を占めた。

     2010年の第一四半期の53億ドルから2012年の第一四半期の144億ドルに上がった。2007年の第2四半期から計算して、ノキアの携帯電話の利潤市場占有率から急速に下がったが、アップルの利潤は急速に上昇していた。また、RIMとLGの利潤はサムスンにゆっくり浸食された。
    
     

サムスン、「Galaxy S II」をAndroid 4.0にアップデート

サムスンは米国時間3月12日夜、「Galaxy S II」における「Android 4.0」(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)のアップデートを開始すると発表した。今回のアップデートはまずヨーロッパから実施する。今回のアップデートは3月13日より韓国、ポーランド、ハンガリー、スウェーデン、といった欧州を中心に開始され、その後、対象となる地域を通信キャリアと調整しながら順次拡大していくとのこと。『Galaxy S II』と同様にアップグレード対象とされている『Galaxy Note』、『Galaxy S II LTE』、『Galaxy Tab 10.1/8.9』については近く実施するとしている。

このアップデートにより、顔でロックが解除できる「フェイスロック機能」やトラフィック統計、マルチタスクの操作また、サムスンTouchwizユーザー・インターフェースなどの機能が追加されるが、FlashとBluetooth3.0機能は利用できなくなる。

サムスンは昨年ギャラクシー端末をAndroid 2.3にアップグレードプロセスを完成した。Android4.0のアップグレードの開始につれて、サムスンはAndroid端末メーカーにおける主導的地位はさらに強化した。

また、『Galaxy S』、『Galaxy Tab 7』、『Galaxy S Plus』、『Galaxy S SCL』和『Galaxy W』などAndroid 4.0にアップグレードされない機種の一部には、今年3月中旬以降、顔認識でロック画面を解除できる“フェイスアンロック”機能、動画撮影中に静止画を撮影できる“スナップショット”機能、さまざまな効果で画像を編集できる“イメージエディタ”など複数の機能を追加したAndroid 2.3のソフトウェアアップグレードを世界において実施するとしている。