クラウドが今後3年間で約1400万人分の雇用を創出—Microsoftの調査発表

米調査会社IDCはMicrosoftの委託によりクラウドコンピューティングに関するある調査を行った。その調査結果によると、クラウドコンピューティングの導入は2015年までに全世界で約1400万人分の雇用を生み出すことになる。また、調査では、クラウドサービス導入によるIT革新の実現が、年間1兆1000億ドルの新規事業収入をもたらすと予測している。

IDCの最高調査責任者兼シニア バイスプレジデントであるJohn F. Gantzは、クラウドコンピューティングはIT革新を推進し、柔軟性を向上させ、資本支出を削減し、支出の数倍に相当する収入を獲得することができると指摘した。

該当報告によると、新規雇用の創出の基本的な仮定:IT革新は経営革新をもたらすことにより、営業収益を増加させ、最終的に新規雇用の創出を遂げる。

新規雇用の成長率も国ごとに違う。また、新たの雇用の大半は中小企業で発生する。コミュニケーションおよびメディア、銀行、組み立て製造の3業界で、数百万の新たな雇用が創出されるとみられる。予測の新たな雇用は地域ごとにも違ってくる。さらに、新規雇用の大部分は、特に中国とインドをはじめ、新興市場から充当されると予測されている。

Dropboxに対抗、Googleは自分のクラウドストレージサービスDriveをリリース

 関係筋によると、Dropboxの競争に直面するため、Googleは「Drive」と言う自分のクラウドストレージサービスリリースする。インタネットモバイル端末が速くて激しく増加することとクラウドコンピューティングが立ち上がることを背景としてリリースしたもので、クラウドストレージがあって、ユーザーはそれぞれの端末にフェイルを取れやすい。
 Driveがあって、ユーザーは自分の写真や、フェイルやビデオなどをGoogleサーバーにストレージでき、インタネットでいかなる端末もこれらのフェイルと資料をアクセスや共有できる。数週間、または数月間後、Driveをリリースする。ほとんどのユーザーにとって無料だが、ストレージしたフェイルが多すぎると、一定の費用は必要だ。

via WSJ

「Amazon S3」クラウド型ストレージサービスが爆発的に増えた

 最近、AmazonクラウドサービスとしてAWSAmazon Web Services)はAmazon S3の年度報告を発表した。S3のストレージ対象数は7620億に達した、2010年の2620億に比べて、192%を増えた。

 Amazon S3Simple Storage Serviceは、Amazon会社が全世界でいくつかのデータセンターサーバーから提供したオンラインストレージサービス。20063月このサービスリリースしたから、ストレージしたファイルの容量によって料金を取って、インタネットバンド幅と品質もほかの費用を取る。

 

via RWW

Everpix今日公開テストーいつでもどこでもクラウドアルバムを楽しめ

everpix-web
everpix-web

クラウドアルバム(cloud album)を通じてハードディスクとネットでのあらゆるの写真を自動的に整理できることに力を尽くす。今日から公開テストを始まって、目下ただMacを支持できる。

Everpixはどう行う?

ハードディスクだけではなく、使用したオンラインサービス(Facebook、Twitter、Instagram、Flickrなど)での写真を集めって管理する。写真を集めった後、独特な技術を利用して各アルバムに分けて表現する。これらのアルバムはMomentsになった。それだけではなく、Momentsアルバムの中で、Everpixは質の良くない写真を自動的に検査して、隠せる。

興味があって、試用してみよう。

via TC