uTorrent原生のAndroidクライアントは間近に迫っているが、iOSバージョンは望みがない


   uTorrent開発チームはAndroid原生のBTクライアントを開発している、スマートフォンとフラットパネルの上で運行できる。これはモバイルシステムの上で第1モデルも唯一の1モデルのuTorrentのクライアントだかもしれない。現在、開発の階段にあるが、正式に発表する期日がまだ分からない。

   uTorrentは毎月1.4億の活発なユーザーがいて、現在は西側諸国で最も人気があるBTクライアントだ。この数字はすっごく巨大だったが、uTorrentがユーザー・グループを拡大する機会がたくさんある。近年、携帯電話のOSの発展は迅速にしているが、uTorrentは陰も形もない。このような情況はしばらく変える。

   uTorrentの親会社BitTorrent Incは一生懸命Androidを開発している、これは完璧な版だった。

   また、uTorrentのエンジニア達は同時にLinux原生のクライアントを開発している。残念ですが、iOSのユーザーはそんなに幸せではないかもしれない、アップルは既にいかなるBTと関係があるアプリケーションに対して禁令を下達した。

iPhone版のメールのクライアント「Sparrow」は間もなく発表する予定だ


  最近、あるニュースによると、iPhone版「Sparrow」は三月中旬に発表するつもりだ。
  MacのSparrowはすっごく使いやすくて、この前、Dropboを統合した。だから、ずっと良いメールのクライアントを持ってないiPhoneユーザーにとって、iPhone版「Sparrow」を発表するのは大変楽しい事だ。関係がある人によると、SparrowはiPhoneの上で使ってとても適当だそうだ。
  SparrowチームはできるだけiPhone版が発表する前に控えめを維持しているが、しかし、いくつかの携帯電話のソフトウェアの細部が漏らした。iPhone版「Sparrow」は更に速いメールのエンジンを持っていて、急速にMac端につなぐことができる。同時に、iPhone版のインターフェースもその他のモバイルプラットフォームの上で移植しやすいことができて、iPadとAndroidを含めた。